スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙-サイレンス-

映画
02 /01 2017

私も大好き、巨匠マーティン・スコセッシによる日本小説原作ものということで注目の「沈黙」を鑑賞してきた。
「踏み絵」ぐらいしか知識のなかった隠れキリシタンの物語。

ポルトガルの布教者、日本の隠れキリシタン、政府の三者の関係により物語が進行するわけだが、俺は完全に政府側に共感した。
キリスト教を危険な思想として取り締まる、イッセー尾形、浅野忠信が演じるキャラクターだ。
もちろん、あんな残酷なやり方で棄教させる必要はないと思うけども、しっかりと思想論争をしかけるイッセー尾形の強さたるや。
一方のキリスト教司祭は、信仰への盲目さばかりが際立つ。
その状況において、何も救えない、希望も生み出せない邪教になぜすがり続けるのか、そこに疑問を感じつつも、なぜ積極的行動、思想改変を起こさないのか。
盲目的に信じ、苦悶することそれ自体さえも信仰であるかのような態度。
とても実践的、実用的とは思えない。
しかしそんな状況でも、その司祭を拠り所とする信者がいる。
まったく人間という生き物は興味深い。

本作を見る中で、浮かんだ疑問。
当時の隠れキリシタンは、なぜ邪教であるキリスト教を信じる必要があったのか?
取り締まられ、拷問されるのに、なぜそれにすがる必要があったのか。
元々、マイノリティだったり、迫害された人々だったのだろうか。

ポルトガル人はなぜそうまでして布教する必要があったのか?
人民救済の名目は建前で、やはり植民地づくりの目的があったのではないか。

日本政府はどういう思想的論理で、キリスト教を邪教と結論づけたのか?
劇中で感じたように、仏教を軸とした当時の日本政府の思想的到達点は、キリスト教を凌駕するものだったのだろうか。

そんな疑問を考え、調べたくなった。
こういう知的好奇心をくすぐる映画はとても好きだ。
さて、町山さんの解説を聞こう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。