スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exit Through the Gift Shop

映画
08 /03 2011

Exit Through the Gift Shop [Blu-ray] [Import]Exit Through the Gift Shop [Blu-ray] [Import]
(2010/09/06)
不明

商品詳細を見る

町山智浩さんがキラキラで紹介されていた「Exit Through the Gift Shop」を鑑賞。
バンクシーというアーティストの初監督作品。
バンクシーとこの映画の概要については前述のキラキラがポッドキャストで聴けます。→こちら。

バンクシーが意図的に仕掛けたのか、謀らずもこうなったのか…。
アート界をにぎわすことになる「Mr.Brainwash」と彼を取り巻く現象によって、アート界の欺瞞を照らし出す。

俺はアートはよく分からんし、人の評価に惑わされず、かっこいいもんはかっこいい、かっこ悪いもんはかっこ悪い、そしてその価値基準は人それぞれだし、それでいい、と思っている。
俺がかっこいいと思うんだから、それでいいじゃん、みたいな。
というか、かっこ悪いものをかっこいいと間違って言っちゃわないように、予防線を張っていると言ってもいいかもしれない。。
それ自体がもう他人の評価を気にしているということなのに。

てな感じで、自分の、ものの価値の測り方に対して、バシバシと疑問を投げかけてくる作品になっている。
その手法たるや、他のバンクシーの作品同様、非常に鮮やかである。

この映画を見た帰り、山手線の電車がドコモの広告にジャックされていて、どこもかしこもスマートフォンだった。
どんなかっこいいコピー、アートワークを出されても、もう俺には「買え」の一言しか映らない。
街に一歩出ると、どこもかしこも買え買え光線にあふれている。
こんな世の中に嫌気がさしているわけだが、そこで下を向いて思考停止にならず、バンクシーのように鮮やかに、そしてクールに切り返したいね。
知性を感じさせるバンクシーのアートワーク、かっこいいっす。

それにしても、Mr.Brainwashがマドンナのアルバムジャケットまで手掛けちゃってるとは爆笑ものだ。
まさに洗脳(Brainwash)に成功したというわけだ(笑)。

セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)
(2009/09/30)
マドンナ、ジャスティン・ティンバーレイク 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。