スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は1冊のノートにまとめなさい

07 /29 2011

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
(2010/11/27)
奥野 宣之

商品詳細を見る


日記・メモ・アイディア・スケジュール・書評・映画評・・・あらゆることを1冊のノートにまとめると、どこに書いたか迷うこともなく、高い保存性で素晴らしいライフログになり、今後のあなたの人生に活かせますよ、というもの。
手書きのノートでどう検索性を担保するかというと、目次だけデジタルに残しましょうと。

うん、めんどくさい。
こんなの、ものぐさな俺には続きません。却下。
そして、このスマートフォン時代にはそぐわない。ださい。

それならば、俺はどうするか?
著者が実際に使っているというタグを例にまとめてみる。
(ここでいう「タグ」とは、それぞれの記事につける分類のこと。これと日付をつけることで、目次の役割と検索性を実現している。)

▼書き綴り系
メモ:ノート / 日記:ノート / 記録:ノート / 購入:ノート
▼アイディア系
発想:iPhone / 企画:iPhone / フレーズ:iPhone / ネタ:iPhone
▼カルチャー系
書籍:ブログ / 映画:ブログ / 音楽:ブログ
▼資料系
資料:その都度検索するので不要
切り抜き:どうせ参照することないので不要。どうしても気になることであればノート。
信書:断捨離するので不要 / 写真:デジタル
▼ビジネス系
取材メモ:ノート / 打ち合わせ:ノート
名刺:名刺ホルダ(あまりもらわないから、今のとこ問題なし。)
▼リスト系
興味:iPhone / 物欲:iPhone / 店:iPhone

要するに、ノートとiPhoneとブログ。
うん、自分なりにすみ分けできてるからOK。
本書の方法より、ずっと自分らしく、ずっと検索性が高い。
しかも常に持ち歩くiPhoneだから、書き忘れもないし、スマート。
ただし、ノートに書くときは、本書のインデックス法、使わせてもらいますよ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。