スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントマン

映画
02 /27 2016


DVDを日本語吹き替えで見たのですが、これ最悪のセッティングでしたw
字幕版を劇場で見るべき作品です。

まず、日本語吹き替え。
女性キャラクターの”ホープ”の吹き替えが看過できないぐらい「下手くそだな〜」と思ってたら、エンドロールでズッコケ。内田有紀でした。
みんな大好き、マイケル・ペーニャ役のブラマヨ小杉もひどかった。
もう、こういうキャスティングやめろっての。

で、タイトル通り、蟻のように小さいアントマンが活躍する話でして、それだけでなく、その仲間として蟻軍団も活躍するわけです。
なので、広い画面の中で小さいキャラクターがちょこちょこと動いてるみたいなカットが必然的に多くなるわけです。
結果的に、自宅の38インチのテレビでは、ちょっとストレスが溜まるという。

そんな最悪のセッティングだったので、あまり楽しめませんでした。
まぁ、エドガー・ライトや、アダム・マッケイが脚本に参加してるだけあって、笑える部分は多くあったけど、ただそれだけって感じでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。