スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇

01 /29 2016


コレ↑を見てから、一気にファンになりました。
大学受験のときに病んで、新興宗教や霊能者のもとに教えを請いにゆくも、ことごとく論破してしまうというエピソードが最高な、大田俊寛先生。

この『現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇』では、ナチスやオウム真理教などへ通じる宗教の歴史を、「神智学」「霊性進化論」をキーワードに解説。
歴史上の宗教家(と言えるのか?)たちが教義を強化するために、いかに無節操に、ご都合主義的にあらゆる思想を取り込み、解釈し、流布してきたかがよく分かる。

最初は、この世の不安や恐怖となんとか折り合いをつけるために、世界のあり方や仕組み、どう生きるべきかを説明づけようとしたのだろう。
今となっては、その思想的格闘は微笑ましくも感じたが、それが排外主義やオカルティズム、または端的に嘘(シオン賢者の議定書のような)と結びつくことで、悲劇を招いてしまう過程は、心底恐ろしかった。
例えるなら、無知な厨二が悪質な都市伝説に影響されて、無差別殺人を犯してしまうような恐ろしさだ。

さて本書は、19世紀半ばからの、宗教界における主要な登場人物と、その思想について丹念に解説している。
『幸福の科学』にまでつながる、その丹念な解説は、私の頭を混乱させた。
そのとんでもない思想が、ときに魅力的に感じられたりしたからだ。
宇宙の真理や、死後の世界など、分かるはずもない問いに、一応の答えを与え、生きる指針を示してくれる宗教は魅力的に見える。これは確実だ。
しかし、このような世界に足を掬われないためにも、本書で学んだ体系的な知性をもとに、世界を冷静に見ようとする姿勢が大事だと思う。
著者のその姿勢を表すような一文を以下に引用して終わりたい。

しかし、果たしてわれわれは、その思想を一笑に付して済ますことが許されるだろうか。それもまた、あまりに一面的な短見と言わなければならないだろう。なぜなら、宗教と科学のあいだに開いた亀裂、すなわち科学的世界観や物質主義的価値観のみで社会を持続的に運営することが本当に可能なのか、長い歴史において人間の生を支え続けた過去の宗教的遺産を今日どのように継承するべきかといった、霊性進化論を生み出す要因となった問題は、根本的な解を示されないまま、今もなおわれわれの眼前に差し向けられているからである。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。