スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレイト・アウタ・コンプトン

映画
01 /14 2016


N.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を見てきた。
N.W.A.は、いわゆる”ギャングスタラップ”と言われるグループ。
その悪そうなイメージが苦手だったのかもしれない。
ヒップホップはちょいちょい聞くけど、N.W.A.は聞いたことなかった。
なので、少し予習してみる。
その後、ヒップホップの帝王といっても過言でない地位に上り詰めるDr.Dreの作るトラックは、さすがに素晴らしい。

さて、映画の方は、当時の黒人を取り巻くアメリカの状況や、ヒップホップ業界の史実がものすごくて、本当に驚愕した。
こんなにすごかったの!?と。

売れてなお、ギャングスタな振る舞いをするメンバー。
ライブ後のパーティーに、濡れ濡れパーティー(あれ、最高)。
契約をめぐる、非常に暴力的な解決法。
そして、警察やFBIとの対立。

実際、N.W.A.は、警察だけじゃなく、仲間内やグルーピーにも、ひどい発言をしていたそう。
しかしこの映画をみると、体制・権力に対するカウンターアクションとして、敵味方なく、徹底的に不道徳な行動をとっていたのかなと思える。

フィクションよりも劇的な活動を行ってきたN.W.A.の映画は、そりゃ映画として最高におもしろいに決まっている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。