スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産でハッピーリッチになる方法

06 /30 2011

不動産でハッピーリッチになる方法不動産でハッピーリッチになる方法
(2005/04/15)
山崎 隆

商品詳細を見る

投資本ではないが、家を買うなら誰もが投資感覚を持つべし!ということを言っている本。
つまりは、貸して収入になる物件を選べということ。

マイホームを買う場合は、何人で住むかということが重要な要素であるのは当然だが、家族構成も変わるもの。
子供の独立、親の同居など、いろいろあるわけで、同じ家族構成で過ごすのは、わずか15年足らず。
それでもそのマイホームに住み続けるんですかと。
当たり前のことだが、非常に腑に落ちた部分。

本書では、マイホームの価値は「いくらで貸せるのか」ということと述べ、積算評価を意味ないとしている。
すべてはキャッシュフローで考える。
月5万で貸せる物件なら、住宅ローンの月々の支払いは5万以下にせよと。
また、5万以下の支払いになるように、頭金を用意せよと。
まったくその通りである。

また、本書は不動産マーケティングにも触れており、勉強になった。
住宅の価値とは、地域特性と物件特性がマッチしていること。
良いエリアとは、ファミリータイプの賃料の高いエリア。
新規供給が少ないエリアを選べ。
大切なのは、そのエリアの人口増減よりも、転入/転出の数が多いこと。
つまり、それだけ賃貸マーケットがあるということ。

投資用ではなく、計算式はざっくりしているが、手元ち置いておくべき一冊。
うん、置いておこう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。