スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士と彼女のセオリー

映画
04 /20 2015


ホーキング博士の映画。
日本映画では、絶対こういう作りしないだろうね。

最初のロマンチック極まりない甘い展開。
そこから難病発覚、「それでも結婚します!」宣言。
苦労がありながらも、学者として成功するホーキング博士、、というとこまでは一緒だとしても、現実はそう単純ではないよね。。

かくいう自分も、日本映画的な展開を期待しちゃってるので、最後はなんともモヤモヤした気分に。。
ホーキング博士の天才性を際立たせて、偉人伝的な話にもできただろうし。
ユーモアを際立たせて、また違う映画にもできただろうし。
そんなことを思いながらも、白黒つけられない現実をしっかり見せた映画だからこそ、モヤモヤが印象深い映画だった。

しかし時間を研究するホーキング博士が、まさに時間に追われるように余命2年を宣告され、表現手段を制限されていく様はなんとも皮肉。
だからこそ、最後のスピーチは感動的だった。
「どんな不運に見舞われようとも、人間の可能性は無限です」と。

あとはまぁ、主演のエディ・レッドメイン君の演技には拍手を送らざるを得ない。
動き、表情、息づかい、どれをとっても素晴らしい演技だった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。