スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・レイド GOKUDO

映画
11 /30 2014


う~ん、ストーリー部分に尺とったわりには、なんかいまいちなストーリーだったなぁ。。
流れに納得できない部分が多い。
禁断の不義理行為をそんな大勢の目の前でやったら、あんた、死ぬよ?っていうね。
タイトルにもなっているGOKUDOとの絡みもそうでもなかったし。
そんなんだったら、もっとシラットを見せてくれよ!と思ってしまった。
マッド・ドッグの扱いも酷いし。

やはり、ザ・レイドに中途半端なストーリーは不要だ。
で、肝心のシラットはやはり凶悪だった。
必ず相手を戦闘不能な状態にまで仕留めるとことか、震え上がるわ。
パンチの早さ、肘の使い方、関節の折り方、凶器使い。
やっぱシラット最高。

そんなリアル殺人戦闘術シラットと対比させるように、現実離れした殺し屋が新登場してたが、あれもなぁ。。
俺が求めるザ・レイドはそんなんじゃない。
シラットは、ただそれだけで映画を成り立たせる力がある。
というのは、観客の甘ったるい戯言だろうが、本作はおかずの足し方を間違えてる感は否めなかった。
ま、好きだから、是非次回作も作って欲しいけどね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。