スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも夜は明ける

映画
03 /23 2014


本年度アカデミー作品賞ということで、いやおうなく期待が上がる訳だが、その期待を超えるほどの感動は無かった、正直。
まず、ジャンゴやマンディンゴなどを見て、黒人奴隷制度の知識が多少あったことで、その衝撃が和らいだこと。
そして、予告編にミスリードされたこと!
予告編にある、祖末なイカダで川を渡るシーンを見て、勝手にロードムービー的な脱走劇があるもんかと思ってしまった。
途中、旅人的なブラピなんかに助けられて。
そんなことを思ってたもので、「主人公、たいして何もしてないじゃん!」って思っちゃった。
もう、思っちゃってすみませんという感じだが。。

それでも、誰もが印象に残るであろうあのシーンは、やはり強烈で、息苦しいったらありゃしない。
人間というのは、環境次第でああも残酷になる、愚かな生き物なんだなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。