スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・イースト

映画
02 /08 2014


テーマも作風も、硬派な良作。
環境テロリストなんてはじめて知った。
日本でもおなじみシーシェパードなんかが環境テロリストにあたるらしいけど。
同日に見た『ウルフ・オブ・ウォールストリート』とは、また正反対なドラマだなと。
まさに世界の表裏というか。
イーストの異様にカルトな佇まいに、ちょっと引いてしまうが、やってることは、覚悟も半端なく、かっこいい。
必要以上にかっこ良く描き過ぎないところがまたニクくて、勧善懲悪では済まされない世界の複雑さを表しているように感じる。
企業側は絶対悪なわけだが、その企業群、ひいては我々市民が形作る社会では、イーストも法で裁かれる存在なわけで。
浮かばれる人が一人も出てこないこの話は、なんとも悲しい気持ちにさせるが、エンドロールで展開されるその後のエピソードには、それが例えフィクションであろうとも、希望を見てしまうのであった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。