スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月まとめ

人生
12 /31 2013
2013年も終わり。
12月をざっと振り返ろう。

◆1.より楽しい仕事を得る
なし。

◆2.数年間、拠点として使える一棟物件を購入(不動産)
なし。
家関係でやったことは、テーブル作り、ゴミ捨て、断捨離(ヤフオク)などかな。
K宅を見に行って刺激も受けた。おれもやんなきゃ。

◆3.エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
『今年の資産を切りのいい額で終えたい』という目標を、厳しい予算管理と物品販売で乗り切る。
金があると迷いがでる、という気付きは貴重だった。
そのときのツイート。

節約・ダイエット目的で、最低限しか財布に金を入れてない。今日など500円を会社に置いてきた。500円単位でやるなど、俺も相当だなとほくそ笑む。
しかしこの生活、面白い発見があった。節約・ダイエットしようと思っていても、財布に金があると使ってしまう。少なくとも欲望との葛藤がある。「あー、ラーメンくっちゃおうかなー」とか。で、「今日頑張ったしいっか」とかテキトーな理由をつけて、その葛藤に負ける。1勝9敗ぐらいの確率で負ける。
しかし金がないと、その葛藤がない。だって金がないから、葛藤ができないのだ。ひいては欲望までが無くなる。無くなるとは言えないかもしれないが、そこまで辿り着かない感じ。そして何事もなかったかのように、ラーメン屋の前を通りすぎる。
金がある時、葛藤に負けたあげく、ラーメンを食い、過剰なカロリーを摂取したうえに、自分を律することに失敗した罪悪感が残る。ラーメンから得られた美味しさというメリットなど、本当に一瞬で、些細なものに思える。だがしかし、それを理解していても、また欲望に負ける。ラーメンを食べてしまう。
金があると悩む。金がないから悩まない。一般論とはまったく逆の現象が俺の中に起こっていたのだ。この原理をもっと全般に利用すれば、生きる悩みがなくなるんじゃないか。選択肢があるから悩む。悩みたくないなら、選択肢はいらない。
うむ。面白い発見であった。
しかし、俺は金がなくて悩んだことなどない。もちろん金持ちではないが、貧乏でもない。ずーっと中産階級だ。食うに困ったことなどない。
一度、金がなくて困ってみたい。そのレベルまで行ってみたい。困るほどに金がない状態というのは選択肢が極限まで少なくなっているということ。つまり生きるための最低限が見えてくるということ。研ぎ澄まされるということ。研ぎ澄ますために貧乏状態を作る。おもしろい実験かもしれない。



◆4.肉体改造pt.2(体重63kg、体脂肪率12%)
節約生活のおかげでかなり粗食だったような気がする。
なので、体重を計っていなかったのだが、やはりそれだけでは不十分だ。
だって目的はサッカーで動ける体を作ることなのだから。
▼今月の実績
体重:69.2kg→?
体脂肪率:24.3%→?
体幹トレ実施率:12%→0%
食事制限(1500kcal以下/日)達成率:50%→50%
ラン:22.5km→0km
ウォーク:0km→0km
スイム:0km→0km
▼来月の活動
引き続き栄養粗食。ラン。体幹。

◆5.教養・娯楽
▼本:7冊
減速して生きる―ダウンシフターズ
けもの道を笑って歩け
勤めないという生き方
思考都市 坂口恭平 Drawings 1999-2012
おとなの背中
あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。
『ガラスびん』で作る、おすそわけの保存食の本

自分の人生を生きるとき。今を生きる、ってやつだな。

▼映画:5本
ゼロ・グラビティ
エレファント・マン
メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー
THE ICEMAN 氷の処刑人
悪の法則

ゼロ・グラビティ、良かったなぁ〜。
まぁ、確かに3Dで見ないとグッとくるものも少なくなるかもだけど、定期的に見返したい一作。

▼その他
玉蹴り納めがひたすら楽しかったね。
それなりに結果も出せたし。
そうなると、もっともっとと欲が出る。体幹鍛えていこうぜ。

◆総括
来年こそは動ける自分に。圧倒的に動ける自分に。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。