スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・グラビティ

映画
12 /15 2013


傑作。
またも自分にとって大事な一本が増えた。
宇宙が舞台という制約の中、アイディア一本で、深遠な物語に仕立て上げたアルフォンソ・キュアロン監督の手腕にも脱帽。

宇宙空間の3D映画ということで、映像が売りのハラハラドキドキ映画かと思いきや、立派な哲学映画だ。
もちろん映像もすごい。
映像でこんなに息が詰まる思いというのもなかなかないんじゃないだろうか。

映像から与えられる切迫感は、この物語の主人公同様、俺にも“生”を諦めさせる。
こんなの、生き残るなんて無理だろ、と。
しかし、そこからの展開がぐっと胸に突き刺さる。
超越した存在が生きろと言う。
あぁ、安西先生の名言が思い浮かぶ。

終わり方も好きだな。
地球に帰ってきたことを喜ぶ心象を表すかのように、砂をグッとつかみ、微笑み、感謝する。
よろけながらも立ち上がり、また歩き出す。
この資源豊かな地球に生まれたことへの感謝すらおぼえる。

もうこれ以上の悲しみなどない。
やるだけさ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。