スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方

08 /25 2013

大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方
(2013/07/30)
青木 純

商品詳細を見る


親のマンション管理会社を引き継いで、大家業を始めた人の話。
人口減少や、老朽化、東日本大震災の影響から来る空室率の上昇に悩んでいた著者。
彼が導きだした答えは、賃貸部屋のカスタマイズ、さらにはオーダーメイドであった。

最初は、住人の好みにあわせて、壁紙を張り替えるというだけのことを延々と語っていて、納得しつつも軽くうんざりしたりもした。
「そりゃ壁紙を好きに変えられたらうれしいだろうけど、そんなに長々と語ることか?」と。
しかし、それにとどまらず、シェアハウスや、オーダーメイド賃貸へとどんどん進化していく。

既存の大家業から見たら、利益率を下げるだけの愚行にしか見えないだろう。
だがしかし、長期的に見たら、これは確実にいい効果をもたらすだろう。
そして、何より大家も住人も楽しんでいる。
幸せになっている。

我々は金のためだけに働いているわけではない。
これでいいのだ。
働くことの原点ってこういうとこにあるのだ。
つい忘れがちだけど。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。