スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿 誇り

08 /07 2013

中田英寿 誇り (幻冬舎文庫)中田英寿 誇り (幻冬舎文庫)
(2009/08)
小松 成美

商品詳細を見る

サッカー本は、カズ、長友などを読んできた。
熱いイメージのある日本サッカー界のトップランナーだが、今回はクールなイメージの中田英寿の本だ。

内々のスタッフへの引退表明から、ドイツW杯までを追うなかで、中田の海外挑戦のエピソードが紹介される。
冒頭、突然の引退表明に困惑する著者やスタッフの様子が描かれるが、主役の中田がいっこうに出てこないので、かなり退屈で、「これ、間違ったな」とまで思った。
が、中田が登場してからはさすがに俄然おもしろくなった。

報道で漏れ伝え聞いていた、日本代表における中田の孤立の真実。
采配を疑問視されるジーコへの信頼を語る一方、トルシエ時代のとんでもないエピソード。
順風満帆に見えたフィオレンティーナ時代の話も衝撃的だ。
その後繰り返した移籍の数々。

愚直なまでに上を目指す中田には想像を絶する苦悩の歴史があったのだ。やはり。
そして中田と言えばコレ。
ローマのセリエA優勝を決定づけた1ゴール1アシスト。


ローマに移籍したものの、外国人枠のせいでベンチ入りすらもできない中田。
しかし、優勝争いが架橋にさしかかる中、突如、この外国人枠制度が撤廃。
無事ベンチ入りを果たした中田は、この活躍を見せる。

しかし、メンツすげえなwww
監督はカペッロ、アンチェロッティ。相手はジダン、デルピエロ、インザーギ、ダービッツ。
いやぁ、やっぱ中田すげぇや。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。