スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド

05 /25 2011

人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ
(2010/12/10)
勝間 和代

商品詳細を見る

勝間和代本に初接触。
世の男性と同じく「結局、女はキレイが勝ち」でずっこけたので、もう悪印象です。
で、実際読んでみて、「なんかムカつく」。
言ってることは普通なのに、それに説得力を持たせるために、極端な例を持ち出したりとかやり口が卑怯な感じがする。

とまぁ、俺みたいなもんが書評を書いても仕方ない。
なぜ、このブログを書いているかというと、学びを自分の中に植え付けるため。
どんな悪書にも学びはあるのです。(これが悪書だと言ってるわけではない。)

さて。
本書は、自立(インディ)から、相互依存(インタディ)を目指しましょう、というもの。
「依存」というと印象悪いかもしれないが、自分のスキルを磨く→自立→人に貢献→お返しが来る→幸せ、という正のスパイラルを目指しましょうといったとこか。
そして、人への貢献を資産、逆に貢献されることを負債と位置付け、自分資本を拡大していきましょうと。
カツマらしい金銭例えで、面白いが、めっちゃドライにも思える。
めっちゃ見返り期待してるやん。
無償の愛こそが至上やで、と思っている俺にはちっちゃい考えに思えた。
ま、人の恩にしっかり報いるためには、有効な視点かも。

本書で最もためになったのは、「アウトプット」について。
日々、読書等でインプットしているが、ひとつもアウトプット出来なくて、モチベーションがさがることがある。
本書では、アウトプットには、
「知っている」→「分かっている」→「使える」
という訓練が必要だと書かれている。思考錯誤が必要だと。
ひらたく言えば、「実践あるのみ」ってことだな、やはり。

もうひとつ、インプットの方法論として。
・自分にとって価値ある情報を明確にする
・大事なのは、いい情報そのものではなく、いい情報を手に入れる方法である。
・何の情報を入手したいのか問題意識を常に持つ
・良質な情報と触れ合う時間を長く持つ

うん、普通のこと。
だけど、実践していますかと。

はい、実践あるのみ。
とりあえず不動産投資系メルマガに2つ登録した。
実践あるのみ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。