スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方

07 /10 2013

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)
(2012/08/29)
高村 友也

商品詳細を見る

いやぁ、これはキタ。
好きだわコレ。バイブルだ。

思えば今まで、こういった志向の本はいくつか読んできた。

貧乏という生き方
ぼくはお金を使わずに生きることにした
年収100万円の豊かな節約生活
ゼロから始める都市型狩猟採集生活
ニートの歩き方

若干の方向性の違いはあれど、リストアップするとこんなところ。
こういう本は金持ち本とは違って、人生哲学や社会論にまで踏み込んでいくのがおもしろい。
坂口恭平の登場とともに強烈に印象付けられたモバイルハウスだが、同じようなことは世界中(といっても紹介されているのはアメリカだけだが)で、行われていたんだね。
まだ世界的なムーブメントとは言えないのかもしれないが、今の世の中を疑問に思い、それぞれのやり方で生活を変えていく人がこうやって存在するというのは、なんとも心強い。

著者が東大哲学科卒ということもあってか、その語り口は興味深い。
また、スモールハウス実践者として、最後に紹介されるダイアナ・ローレンスの思想には、感動すらおぼえる。

非常に刺激を受け、固定観念を振り払ってくれ、自由を手に入れた気分だ。

>大きすぎる家屋は、家というよりは、債務者の監獄だよ。~ジェイ・シェファー
というように、足るを知り、
>生活を気にしてお金を稼ぐのではなく、長期的な成長を視野に入れて仕事をする。
こんな視点で生活を営んでいこう。
さて、俺も家に手を入れよう!

「足るを知る」って大事だなぁ、ほんとに。TWS

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。