スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働きながら、社会を変える。

05 /30 2013

働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む
(2011/11/08)
慎 泰俊

商品詳細を見る

日経ビジネスオンラインで、著者の記事を読んで、興味を持つ。
著者は、児童養護施設への支援を目的としたNPO法人を立ち上げた慎泰俊(しん・てじゅん)さん。
社会貢献的な何かをしたいという思いからアクションを起こしたという。

児童養護施設から見た「日本の貧困問題」が描かれている。
投資の世界で働く著者らしく、実にロジカルに説明されている。
最初は著者も、まったく外側の人間として、いろいろ戸惑うこと、うまくいかないことも多かったという。
しかし、児童養護施設に訪問し、住み込み、勉強会を開き、考える中で、自分の得意分野で社会貢献するという結論に達したという。

児童養護施設が抱える金銭問題が明らかになり、そこに光明が射す過程は、興奮に満ちあふれていて、感動的だ。
こういうマッチングで、まだまだ世界がよくなることを感じさせてくれる。

ーーー

しかし、児童養護施設の子供達が抱える心の闇は深刻だ。
親の死、虐待、ネグレクト、貧困。
やりがいのない、社会貢献が実感できない仕事に神経をすり減らすたびに、こういった問題に少しでも貢献したいという志向が強くなる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。