スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライジング・ドラゴン

映画
05 /12 2013


ジャッキー・チェン啓蒙ユニット『スクール・オブ・ジャッキー』によるジャッキー特集が、タマフルで放送された。
そこから推薦映画の『プロジェクトA』「シャンハイ・ヌーン』を見て、いよいよ見てきた。
ライジング・ドラゴン。

と、つい神妙な面持ちになってしまうのは、本作がジャッキー最後のアクション超大作と言われているからだ。
そんなこちらの期待を裏切るかのように、ジャッキーはいつものジャッキーだ。
最後だっつうのに泥棒役だし。
しょうもないギャグはあるし、とんでもなストーリー展開だし。
最後だというセンチメンタリズムは皆無で、薄ら笑いを浮かべながら見る。
あぁ、ビールでも買ってくりゃよかった、ってな具合だ。

しかし、クライマックス。
その薄ら笑いは吹き飛ばされ、猛烈に胸が熱くなる。
命がけで救おうとするジャッキーの姿は、文字も読めなかった香港の青年が必死に映画界を疾走した姿に重なる。
おどけて、決して見せようとしなかった姿を最後の最後に見せてくれた。
血を流すジャッキーの姿はまさに、その映画人生、格闘のメタファーに思える。

ストーリーに無理があるところは多々ある。
しかし、そんなことはどうでもいい。
まさにライジング・ドラゴン。
ジャッキーの最後にこれ以上ふさわしい言葉があるだろうか。

ジャッキー、長い間、僕たちを楽しませてくれて本当にありがとう。
そしてお疲れさまでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。