スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書について

日記
11 /05 2012
年間100冊読破という目標を掲げ、日々、本を読んでいる中で、どういった方針で本を選べばよいかということがなんとなく見えてきた。
ちなみに今までは、
・不動産
・旬もの(ジョブズなど、そのときのタイムリーな話題)
・投資全般・株・FX
・ダイエット
・旅
・政治・経済
・その他、未知もの(何でも読みたいもの、今まで読んだことのない未知の世界のもの)
という方針を一応掲げていた。
掲げたはいいものの、最近はあまり気にしなくなっていた。
この方針にあまり適切性がないことを直感的に感じていたのだと思う。
金持ちになりたい、経済的自由を手に入れたいという意図は見えるが、それはいったい何のためになのか、という大前提が抜け落ちていたように思う。

では、新しい方針はどんなものにするか。
次の6つを掲げてみた。
・夢
・偉人
・不動産
・旬
・趣味
・成功マインド

まずは何と言っても『夢』である。
本を読むのも、読んだ本のインプットをアウトプットに変えるのも、すべては夢のためである。
だとしたら、夢へ向かうための読書をせねばならない。
今の私には、あまり確固たる夢はないのだが、なければ、夢を定めるため読書をせねばならない。
定めようと思って定められるものでもないかもしれないが。

夢といって、今の私が思いつくのは、
『スポーツバー経営からサッカー文化を下支えし、日本代表のワールドカップ優勝を目指す』
これである。
うむ、夢があるし、まぁ、食っていけそうだし、これからの仕事において大事だと思っているコミュニティ作りに関する仕事だし、好きなサッカーだし、夢と呼ぶに相応しい。
飲食業はもちろん、接客業すら未経験なので、不安に押しつぶされそうになるが、それを打破するために本を読むんじゃないか。
まずは、今までの自分の経験を活かせる飲食業界に行くとか、いろいろ方法はある。

次に偉人。
この前読んだ、成毛眞さんとか高橋がなりさんの著書を読んだときに思ったんだが、やっぱ突き抜けてる人の言うことは、なんか爽快感があるなと。
自分の縮こまった思考をグーンと広げてくれる効果がある。
これは前向きなメンタルを保つのに大事だと思った次第です。

あとはまぁ、不動産は引き続き読むとして、…っといっても、最近はまったく不動産系の活動をしてないので、これもなんか手を打たんといけません。
まぁ、ぶっちゃけ興味なくしちゃってるんだろうなぁ、コレ。
この投資方法を先行き不安だし。って、思考停止しちゃいかん。方向性は頭の中にモヤモヤあるんだ。あとは実践すべし。

・旬
・趣味
・成功マインド
あとはこの3つだが、この辺は上記と重複する部分あるし、いまいちな項目の立て方だな。旬と趣味は、まぁ、そのときの興味が赴いたままに、読みたいものだし。
成功マインドは、起爆剤として定期的に摂取していきたいが、どの本がそれに適しているかなんて分からんし、逆効果の場合さえあるかもしれないから難しいとこだが、まぁとりあえず入れておこう。
あと、仏教ものを入れたいな。それと健康。

まとめると、
夢・偉人・読みたいもの・成功マインド・仏教・健康
このぐらいだろうか。

先日読んだ成毛眞さんの著書でも、読書の大事さが力強く説かれていた。
読書とは自分の知らない世界を疑似体験させてくれ、世界を広げてくれるものだと。
そんなわけで、もっと読書の質・量ともに向上を追い求めていきたい。


街場の読書論街場の読書論
(2012/04/12)
内田樹

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。