スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチの羽音と地球の回転

映画
11 /03 2012

ミツバチの羽音と地球の回転 [DVD]ミツバチの羽音と地球の回転 [DVD]
(2012/07/28)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

続きまして、『ミツバチの羽音と地球の回転』を鑑賞。
山口県上関町祝島では、1982年に持ち上がった中国電力の原発建設計画に対し、28年間も一貫して原発建設に反対してきた。
島民たちは、祝島の美しい自然と、昔ながらの漁業・農業を大事にした生活を守るという確固たる意思がある。

それに対し中電は、嘘をつき、協定を破り、説明責任を果たさず、工事を強行しようとする。
原発を建てれば、炉心を冷やすために使った海水が、温度が上がった状態で海に流されるという。
その温度のあがった海水が大量に流れ出ることにより、生態系が崩れるのは必至だ。
しかし、中電はあっさりと生態系に影響は無いという。

なぜ民意がこんなにも簡単に無視されてしまうのだろう。
一方、鎌中監督はクリーンエネルギー先進国、スウェーデンに飛び、自然エネルギーへとシフトし、持続可能な社会づくりを進める様子を取材する。
その中でスウェーデン人は言う。
「日本はエネルギーの自由化が進んでないのか!?今すぐやれ!」と。

日本ではエネルギーの自由化に関して、まともが議論すら聞かないような気がする。
そこには明らかに既得権益者の陰謀のようなものがあると思う。
何をすればいいのかは分からないが、とりあえず勉強にはなった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。