スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇2

映画
10 /22 2012
続きまして、「演劇2」です。
「1」の「平田オリザの世界」に対し、「2」は「平田オリザと世界」と紹介されています。

その通り、演劇というものの重要性を世間に啓蒙すべく、平田さんは、政治や学校、地方の演劇祭、メンタルヘルスケア会合にまで、その主張を届けにいきます。
人間の人間らしい生活を支えるものに、教育や医療などいろいろありますが、日本は芸術の重要性が軽視されていると。
その結果が、日本の年間自殺者3万人にも現れているのではないかと。

芸術というのは、お金の問題じゃないですが、確実にお金がかかります。
それはえてしてビジネスにはなりにくく、この資本主義のルールで動きがちな社会では、成り立ちにくいものです。
だけど、人間には芸術が必要。
そこで、国の補助や、もっと大衆に芸術を根付かせること、これが大事なんですね。
公開初日ということで、上映後には想田和弘監督のトークショーもあり、こういった視点が、非常に腑に落ちた一日となりました。

平田さんの著書にも、そのようなことが書かれているみたいなので、今度読んでみよう。

芸術立国論 (集英社新書)芸術立国論 (集英社新書)
(2001/10/17)
平田 オリザ

商品詳細を見る


あと、市長が最高に面白かったですw
あの役者っぷりwww

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。