スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停滞の日々に思うこと。

人生
10 /01 2012
停滞している。
年始に一応まとめた年間計画、長期計画も、形だけのものとなっている。
もはや見返すこともなく、全然成し遂げられていない。
だがしかし、停滞しながらも、やっと最近はなんか動けそうな気がしていなくもない。

まぁ、この1年でけっこう価値観も変わってきたので、そのズレが長期計画の意味をなくしたとも言える。
でも長期計画なくしては、やはり自分を加速させることはできないと思うので、そこは随時アップデートしなくてはならない。
とりあえず価値観の変化をざっと記しておくと、世の中金じゃねぇなと。
すんごい当たり前かつざっくりしてるけど。
でも、金があったほうがいいのには間違いないが、これから家あまりの時代だし、不動産は低リスクで地道にやっていく。

で、収入の劇的アップが見込めない分、生活のほうは出費を抑えていく。
だがしかし、涙ぐましい節約ををするということではない。
消費に対する価値観のアップデートとでもいおうか。
飯、酒、服、お菓子、雑誌、電気、水。
我々はどっぷりと消費社会に浸かっていて、どんなに無駄な生活をしていることか。
本当はそんなに必要ないのに。
食べる量も着る服も限界があるのに、メディアに踊らされて必要のないものを求める。
まず、その思い込みを外す。
所有は必要ない。
すべては空である。
人間、手ぶらでバカがいい。

年金制度は確実に崩壊する。
大人なので税金はちゃんと払うけども。
いや、サラリーマンだから税金は払い続けるしか選択肢はないと言った方が正しいか。
なので老後の蓄えはもちろん、大事なことは健康体を保つこと。
老いて、病気して、崩壊した保障制度のせいで、高い医療費を払わされて。
そんな未来に対応するために健康体を保つ。
日々の食事にも気をつけよう。
南雲先生の「一日一食ダイエット」をちょっとやって、空腹が人を健康にする理論を実践して入るが、その少ない食事のクオリティも上げねばならない。
なんか疲れやすくなったと感じるときあるし。

健康体を保つには食事ももちろんだが、ストレスのない生活も必要だ。
さらに張り合いのある生活、つまり楽しい仕事も必要だと感じる。
手足を動かして、ものを作って、それを売る。
楽しいコミュニケーションを介して、売って幸せ、買って幸せ。
そんな生活がもっとも尊いように感じる昨今。

現在のインターネットの仕事は、そういった本来の私が持っている価値観とは激しくずれているような気がしてきた。
まぁ、過去を悔やんでもしょうがないので、自分のやりたいようにやるだけである。

結論。
不動産は安全に確実に。
消費社会からの決別。だけど人生は楽しむ。
手足を動かして、ものを作って売る、そんな人間的な仕事をする。
そしてその場が、仲間たちの集うコミュニティとなればいい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。