スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資25の落とし穴

05 /10 2012

不動産投資25の落とし穴《ケーススタディとポイント解説》不動産投資25の落とし穴《ケーススタディとポイント解説》
(2012/04/14)
藤山 勇司

商品詳細を見る

不動産の購入から運営から相続まで、ストーリー仕立てのケーススタディと、それを例にとった教訓・解説、といった構成の不動産投資本。

ストーリー部分が、妙に哀愁漂う内容で、人生の機微を味わえます(笑)
購入では検討不足で運営が回らなくなったり。
投資はうまくいっているが、横柄な態度で家庭に居場所がなくなり、夜の街に入り浸ったり。
うまくいっていると、まわりとの関係性も微妙にズレが生じてきたり。
競売物件での退去交渉で苦労したり。
一方、奥様の協力をしっかり得て、うまく投資を拡大していったり。
死後のことも考えて、相続と真摯に向き合ったり。

ストーリー仕立てで語られることで、不動産投資におけるあらゆるフェーズでのシミュレーションができます。
不動産投資では、数字でしっかり分析することも大事ですが、数字では扱えない様々な要素もある。
何のために不動産投資をするのか。
どんな感情を味わいたくなくて、どんな感情を味わいたいのか。
そんなことをリアリティをもって教えてくれます。
不動産投資家の階段を昇るたびに読みたい一冊です。

ただ、誤字が多い!
これはいただけない。プロとしてしっかり校正して欲しい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

感謝! 日々精進いたします

拙書を取り上げていただき、ありがとうございます。おかげさまで、重版となりました。その際、校正をいたしましたところ、九箇所の誤字を発見いたしました。ご指摘のとおり、校正が甘かったようです。
日々精進いたしますので、今後も宜しくお願い申し上げます。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。