スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼できる男、宮沢俊哉社長(アキュラホーム)

日記
04 /09 2012
先週のカンブリア宮殿がよかったのでメモ。
「安さと満足は両立する」ってことで、アキュラホームの宮沢俊哉社長が登場。
650万で家が建つんだと。

元大工の社長さんで、匠の技を尊重しつつ、かつ業界に残る悪しき習慣、どんぶり勘定と闘ってきたという。
徹底的にコストを見える化し、資材の価格、作業の価格を詳細にデータベース化したらしい。
サッシの取り付け831円とか。
驚くのが、このデータベース化を、まだパソコンの普及していないワープロの時代から、こつこつとご自身で打っていったということ。

そしてさらに、徹底的なコスト削減策も実施。
資材の梱包から、選別、配送方法まで、トータルでいかにコストを抑えられるかを追求する。

また、こうしたノウハウを、パッケージで地方の工務店に販売する。
それは、暮らしの基礎たる住まいを、高品質で安く提供できる仲間を増やしたいから。

しかし、ここまでなら、成功者のよくある話で終わってしまうかもしれない。
「宮沢社長、信頼できるな!」
と思わせるエピソードも紹介される。

なんと、休日に住宅地を歩き回り、自社の手がけた家を見つけると、アポなしで訪問するというのだ。
そこで、ちょっとした修理をしたり、よりよく暮らすアドバイスをしたりするというのだ。
また、自分の家も、実験棟として使っており、あらゆる試行錯誤が垣間見える。
失敗作もあるが、「これは失敗ですね(笑)」と笑う宮沢社長。

山本五十六の名言に次のようなものがある。
「やって見せ 言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ」
それを地で行く宮沢社長。
信頼できるお人である。
私もいずれ、アキュラホームさんに家作りをお願いしよう。


無理なく無駄なくいい家を建てる -品質も価格も満足できる家づくり-無理なく無駄なくいい家を建てる -品質も価格も満足できる家づくり-
(2010/12/27)
宮沢俊哉

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。