スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

映画
03 /17 2011

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]
(2010/12/03)
ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン 他

商品詳細を見る


ジョニー・トー監督の、いわゆるノワールってやつですね、ノワール・アクション・ムービー。
割と評価の高い本作だが、俺には微妙なバランスの映画やなぁー!という感じ。悪い意味で。

ショッキングなシーンで幕を開けて、心鷲づかみかと思いきや、全編突っ込みどころが気になりすぎて、入り込めなかった。
まず、殺し屋3人組と依頼人の接触の仕方。
偶然なの?もし偶然分かったとしたら、あっさり素性分かられすぎ。
そして、依頼を受けちゃう殺し屋も不用意すぎ。

そして、この依頼人と殺し屋3人組が、生に執着しなさすぎ。
ターゲットを殺すチャンスは山ほどあるのに、殺さない。
あえて、正々堂々と銃撃戦へ持ち込む。
まぁ、それがかっこいいっていうことなんだろうけど。。
あんたら、さっき出会った依頼人のために、命捨てていいのかよと。

あと、ゴミ処理場?での銃撃シーンも、その状況で生きたいんなら、逃げるよね。

てな具合で、話にのめりこめなかったので、最後の記憶がなくなるうんぬんのストーリーもボンクラにしか見えなかったなぁ。

ただ、全編を覆う雰囲気は男らしくで嫌いじゃない。
ストーリーさえ詰めてくれれば、もう男にはたまらない作品になる(?)はずだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。