スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100,000年後の安全

映画
02 /12 2012

100,000年後の安全 [DVD]100,000年後の安全 [DVD]
(2011/12/23)
T・アイカス、C・R・ブロケンハイム 他

商品詳細を見る

非常にイライラさせてくれるドキュメンタリー作品であった。
イラつきポイントは次の2点。

1点目は、この作品が映し出す人間の所業そのもの。

原子力エネルギーを生んだ後に出る放射性廃棄物を、ただ地中深くに埋めるという処理施設。
それは10万年埋めないと無害にならないということで、10万年持たせるという前提で設計されたという。
しかし、施設関係者、知識人がいくらご託を並べたところで、10万年後のことなど分かるはずもない。

大丈夫と信じている、未来の人間にも掘り起こされることはない、と確信じみて語るが、最後は分からないと言ってしまっている。
そう、分かるはずもないリスクを背負ったつもりになって、いまだに原子力エネルギーを使い続けている。
10万年後の責任など背負えるはずもないのに。

2点目は、このドキュメンタリーの見せ方の部分。

1点目の危機的現実を見せるのには、あまりに恣意的というか。
テンポの遅い映像、展開に、ひどいBGM。
同じ内容が繰り返されることもある。

考えるべきことが多いこの課題に対して、あまりに少ない情報量。
もっと提供できる情報があるでしょ、と。

そんな2点のイラつきと、日本の現状を考えると、本当にイヤになる。
まぁ、ぶっちゃけ、10万年後の地球がどうなろうと関係ないんだろう、俺たちは。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。