スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超整理術をうけてのワークショップ

日記
01 /19 2012
前回の記事、佐藤可士和の超整理術を受けて、ちょうどいい課題が目の前にあったので、ちょっとワークショップ的に実践してみようかなと。
実践しないと何の意味もないからね。

お題:お菓子屋の商品券デザイン
わが社には自主経営のお菓子屋があります。
オフィスグリコのようなものです。
自主経営と言っても、設けるのが目的ではなくて、他部署とのコミュニケーションのネタです。
そのお菓子屋で使える、商品券を作ってくれというのがオーダーです。
多分、部の飲み会でのゲームの景品か何かにするのでしょう。

1.状況把握
対象を問診して、現状に関する情報を得る。
・お菓子屋はお隣の部署とかには認知されている。
・それ以上の波及力はまだまだ。
・他部署からの商品券オーダーは2回目である。
・オフィシャル商品券のデザインは初。
・飲み会の景品なので、部署内のコミュケーションの場で贈呈される。
・このお菓子屋の目的は、社内コミュニケーションの最大化。

2.視点導入
情報に、ある視点を持ち込んで並べ替え、問題の本質を突きとめる。
ここで持ち込む視点とは、やはりこのお菓子屋の最高の目的『部署内・部署間のコミュニケーションの最大化』であろう。
うん、ただ軽い気持ちで「商品券つくって。」って言われただけだし、特にクライアントが抱える課題はない。
となると、やはりこのお菓子屋本来の目的をどこまで最大化できるかがカギになる。
商品券という媒体を通して、どれだけ波及させられるか。

3.課題設定
問題解決のために、クリアすべき課題を設定する。
a.商品券の贈呈の場を盛り上げるデザイン
 →商品券+贈呈用の封筒をデザインする。
  贈呈時にひと笑い起こすクオリティと仕掛け。
b.他部署への波及効果の最大化
 →a.の実践によるクチコミ効果期待。
  SNSを使った展開。

最終アウトプット
・商品券と贈呈用封筒を作る。
・SNS展開は色々問題ありそうなんで、店長相談。

やってみた感想
なんか、点が線になってないような気がしますが…。
・問診と一言でいっても、問診力が問われる。
・簡単にできるわけではない。
というわけで、本当に仕事で解決すべき課題があったときにもう一度読み直したいと思います。
眠いし、今日はこの辺で。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。