スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイル

01 /14 2012

だから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイルだから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイル
(2011/12/09)
馬場正尊、林厚見 他

商品詳細を見る

R不動産を立ち上げた3人による著書。
業界的にも、そしてそのコンセプト、スタイルにも興味があり、読んでみました。

R不動産のスタッフは、他に仕事を持っている人も多く、また他にやりたい企画があれば、それができるという、自由なスタイルをとっているという。
サラリーマンと、個人事業主の間のような感じか。
もともとはダニエル・ピンク由来らしいです。↓
フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか

自由で、社会性があって、ちゃんと利益も出る。
世の中では、型にはめたようなマンションばかりが注目されるが、住居はもっと個性的で色んな価値観があるべきだ。
そんな価値観を大事にした住居を、自由なスタイルで、もっと楽しい働き方で、社会に提供したい。
それがR不動産なのでしょう。

その価値観には、大変同意しています。
ただ、本書からはあまり得られるものがなかったというか、読み物として面白くなかった、というのが正直な感想です。

この本が提供する情報が、私にとってはもう、既知の事実、思想だったからか。
単純に文章力、構成力が足りなかったからか。
または、比喩があまりに散漫だったからか。
あるときは野球、あるときはサッカー、またあるときは音楽集団が比喩として取り上げられるが、説明としてあまりうまくない。
ま、いろいろ理由はあると思いますが、読んでる最中の感情の起伏がほぼありませんでした。

R不動産のサイトをあえて洗練させないとか、使い勝手が悪いとこも残すとか、数値化できない価値観とか、非論理的であることを否定しないとか、良いこといってるのに、そこをもっと掘り下げてほしかったですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。