スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブス訃報

日記
10 /06 2011
スティーブ・ジョブスが亡くなった。
企業人が亡くなって、こんなに悲しむことも最初で最後だろう。

iPhoneを取り巻くイノベーションはそれほど素晴らしいものであったし、もちろん僕もiPhone3G以来のiPhoneユーザーだ。
いまだにiPhone触ってて、「iPhoneすげぇな」なんてしみじみ思うことあるし。

最初にアップル製品に触れたのはiPod nanoだったな。
何百曲もの音楽データをスリムなボディとともにスタイリッシュに持ち歩けるということに心底感動したな。
その前にも使ってた某メーカーのMP3プレイヤーは、すごいずんぐりむっくりボディだったもんなぁ。

そしてiPhone。
テレビや映画で登場するような近未来的なギアが、実際に僕らの目の前に現れた瞬間だった。
触っているときの心地よさは、プロダクトには目に見えない工夫が大事なんだと僕に教えてくれた。

Windows PCを使っているが、Mac book Airの早くて軽くてかっこいいとこに惹かれているし、Airmac Expressという僕のニーズにぴったりの製品があるということにも今頃気づいた。

現在、2011年。
もう、ホームネットワークなんてものが、とっくに実現しているものと思っていた。
居間にいようが、寝室にいようが、カフェにいようが、自宅PCへのデータにアクセスできるし、音楽は買えるし、映画のレンタルもできる。
冷蔵庫の中の食材も管理できていて、手元の端末でそれを見ながら、今日のご飯は何を作ろうかなんて考える。
そんな世の中が来ているものかと思っていた。
そしてそれは、ソニーやパナソニック、シャープなどの総合家電企業が実現してくれるものだと思っていた。
ご存知の通り、そんな世の中にはまだなっていない。

だけど、アップルが未来を夢見させてくれている。
アップルの製品を見ていると、そんな楽しい未来を見させてくれる。
僕たちの暮らしはまだまだ進歩できると。

みんな、世の中がどうなればいいとか、これはこうあるべきだと思ってても、それを実現させることができず、年を取っていく。
それは、技術的な制限とかが邪魔をしているんじゃなく、しょうもない社内政治や、反対意見、企業側のおしきせなどが邪魔をしているんだと思う、きっと。
自分の無知や実力のなさも含め。

ジョブスにもきっといろんな障害が立ちはだかったことだろう。
しかしジョブスは、先見性とクリエイティビティと強い信念でその障害を軽々と飛び越え、素晴らしい製品を僕たちに届けてくれた。

だから僕は、彼の作った製品が心底好きなんだ。
「自分の信念貫けば、こんなに楽しいもの作れるし、それが世の中を変えられるんだぜ。」
そんな力強いメッセージを届けてくれるように感じるから。

---
関連リンクとして、これ、いいポスト。心の師、ジョブズの訃報を聞いて


スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
(2011/06/30)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。