仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

06 /30 2016
「悟り」とは何か。
非常に惹かれるタイトルのが、タマフルで紹介されていた

「悟りの境地」が確かに存在するとは言うけども、現代日には「悟りました」と宣言する仏教徒は存在しない。
悟りに至るにはどうすればよいのか、悟るとどうなるのか、何か明確な変化がおこるのか。
そんな疑問に明確に答えられることはない。
書はそんな、根的でまっとうな疑問に挑んでいる。

ちょっとは仏教に興味がある程度の自分では、なかなかに読むのが困難であったが、懇切丁寧に章立てされ、結論に向かう書は、決して素人を突き放すものではない。
とはいえ、もちろん書を読んだだけで「悟り」に到達できるはずもなく、文章化できないという領域まで登場する。
やはり実践しかないということである。
(本書では、その実践として、ヴィパッサナー瞑想というものが、度々言及される)

さて、実践なしに悟りはないということだが、分からないなりにも自分の中で消化したものを以下に忘備録として記録しておく。間違っているかもしれないが。

仏教といえば、「この世は全て幻。あらゆる煩悩を捨てよ。さすれば苦しみは消える」というイメージであるが、それは同時に生きることの否定にならないか?と常々思っていた。
しかし、それはあくまで出家信者への教えであるようだ。(悟ったひとが在家信者へ教えを説くにあたっては、ある程度のフリーハンドが与えられているという)
労働を否定し、渇愛を否定し、あらゆく欲を否定する。
しかも、理論で理解するだけではダメで、ありのままに物事を見ることができるようになり、自然とそのような認識ができるような領域に達しないといけない。
つまり、それが必要だと分かるだけではだめで、その状態に自然とあることが大事だと。
ふむ、ここまで書いてわからなくなってきた。
もう一回読もう。


スポンサーサイト

コップ・カー

映画
06 /30 2016


ケヴィン・ベーコン最高傑作の呼び声高い?作品。
家出した少年二人が無人のパトカーを見つけて、冒険の旅に出る。
そんな、ひと夏の思い出ムービーかと思いきや、急転直下のサスペンス
最後、暗闇の疾走が印象深い。


ウルトラライトハイカー

06 /28 2016
最近、山登りなどに興味を持ってまして。
そんで、この辺のギアだとか、それを取り巻く”ウルトラライト”というカルチャーだとかが、非常に面白い。
快適に山を歩くために、より遠くまで行くために、ストイックに軽さを求めていく。
もちろん、快適さとどうバランスをとるかも大事だけど。

そんなウルトラライトなハイカーたちが、どのような装備を持って、どんなハイクをしているのか。
10組のハイカーの装備を事細かく紹介した一冊。
いろいろと参考になりました、ハイ。



エクス・マキナ

映画
06 /28 2016


アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した作品。
さすがのビジュアルの美しさで、そのリアリティのぐいぐい引き込まれてしまった。

人工知能の発展が現実の世界でも話題になる中で、そう遠くない将来に起こりそうな出来事を描いていて、いろいろと考えさせる。
とはいえ、自分が生きているうちには、ここまでの完全な人工知能が生まれるとも思ってないから、本当の意味では怖がっていないのだが。
どうなんだろうか。



ノック・ノック

映画
06 /28 2016


さすがのイーライ・ロス監督。
今までに見たことのない一級品のホラー映画
笑っていいのか、怖がっていいのか。。

無表情なイメージのあるキアヌ・リーブスの主演起用が素晴らしい。
今までに見たこのないキアヌの表情の振り幅。
壮大なフリとオチが華麗なまでに決まっていますw


神様メール

映画
06 /28 2016


特定の宗教を持たない自分には、ちょっとピンとこない部分もあったが、なかなかに興味深い宗教dis映画
あちらの人はこれをどのように見るのだろう。

劇中の神様は、自分勝手で最低なおっさん。
ほんと、こんなおっさんに自分の行動指針を委ねてる場合じゃねぇなと思います。
実際、宗教にはそんな側面をあるわけだし。。
自分で考え、自由に生きたいねぇ。


FAKE

映画
06 /12 2016


森達也監督の話題のドキュメンタリー『FAKE』を鑑賞。
ゴーストライター事件で一世を風靡した佐村河内守氏を追ったものです。

もう、ワイドショー的なものは、あまり目に入れないようにしている。
そのせいもあり、この映画だけでは何が白か黒か分からない。
どっちの言い分も正しそうな部分があり、おかしい部分もある。

最後まで答えが出るはずもなく、モヤっとしたまま終わる。
しかし、このFAKEと題された映画が突きつけるものとは。
町山さんの解説を聞くと、その辺グッと胸にくるものがある。
オススメです。


世界史の中のパレスチナ問題

06 /05 2016
世界の混沌を凝縮したようなこの地。
世界情勢や歴史を見ると、よくここにぶち当たるような気がします。
しかし、いまいちよく分からないこの問題。

というわけで読んでみましたが、もう複雑すぎてよく分からない、ということが分かりました。。
とはいえ、大枠は理解できたので、詰まりながらも読破してよかったです。

なぜユダヤ人はいつも差別や迫害の対象となってきたのか。
イスラエルとパレスチナとはどういう問題なのか。
その混乱を作ったのは誰なのか。
なぜアメリカがテロリズムの一番の対象になっているのか。

この問題がどう解決されるのか、私にはまったく検討もつきません。
もう、過去のことは一旦忘れて、ゼロベースで考えたくなります。
まず、宗教的な聖地がどうとか、土地とか、民族とかとやかく言わない。
そしてみんなが生きていけるように、どこかに土地と生活のためのベースを用意して、とりあえず武器と紛争をなくそうよと。
そんな夢物語を語ってしまいたくなります。



アメリカ・ワイルド

映画
06 /05 2016


アメリカの国立公園の美しい大自然を捉えた、とても美しい映画
この美しい自然の保全に、多大なる貢献をしたジョン・ミューア。
そして、彼の説得を受け、国立公園プロジェクトをすすめたルーズベルト大統領に拍手。

1時間ほどの短い映画でしたが、もっともっと見ていたかった。
そして、実際に行ってみたい。



take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。