猟師の肉は腐らない

05 /25 2016
阿武隈の山奥で、自給自足のような生活をする猟師を訪ねた体験記という体裁のフィクションらしい。
アマゾンレビューでは、その信ぴょう性に批判が向けられているが、まぁ、それを念頭に置きつつ、楽しく読めた。
やはりこういう暮らしには憧れる部分がある。
力強く、人間らしい生き方
ここまでとはいかなくとも、少しずつやるべきことをやっていこう。


スポンサーサイト

エスコバル 楽園の掟

映画
05 /24 2016


最近、立て続けに公開されているメキシコ麻薬もの映画
『ボーダーライン』に続いては、こちらもベネチオ・デルトロの演技が光る『エスコバル』。
実在の麻薬王、パブロ・エスコバルを描いた映画です。

ただ、結論から言うと、あまり面白くなかった。
「おまえら、兄弟の話なんかどうでもいいんだよ」と。
「エスコバルの話を見たいんだよ」と。
という感じで、エスコバルの凶悪さ、巨悪さを見たい人にとっては、ちょっと違った方面の映画になっております。

YouTubeにエスコバルのドキュメンタリーが上がってましたので、これを見ておくと、より楽しめるかもしれません。


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

映画
05 /15 2016


アメコミものは、いまいち苦手で、楽しめていない印象であったが、本作は楽しめた。
冒頭のアクションシーンから釘付け。
キャプテン・アメリカを相手に、あの敵の強さったら。

前作を見ていないので、若干置いてけぼりをくらった部分もあるが、また一からマーヴェル作品を見返したくなった。


ズートピア

映画
05 /14 2016


文句のつけどころがなく面白い。
もうね、ジュリーが腹筋してるだけで、泣きそうになったわ。
上質のアニメーションって、もうキュンキュンが止まらない。

それぞれのキャラクターも最高だし、ストーリーも飽きさせない。
ひつじの副市長のどこかひっかかるキュートさも最高と思っていたら、予想外の展開だし。
ズートピアの街の描写もただただ最高。

ナマケモノのくだりで、子供達の笑いに癒された。
こういう映画は、休日に子供達と一緒に笑いながら見るというのも、ひとつの楽しみ方だな。
今度は、ジュディとニックの刑事バディムービーとしての続編も見たいもんだね。


take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。