2014年総括

人生
12 /31 2014
いやぁ、もう年も開けたし、さらっと書いとこうか。
しょうもない寝正月を過ごしてしもうたし。

▼ベストムービー
今年はDVDも含め、70本の映画を見た。
その中でも劇場でみた映画にしぼると、素晴らしかったものはコレ。
ーーー
新しき世界
ウルフ・オブ・ウォールストリート
6才のボクが、大人になるまで。
インターステラー
E.T.

新しき世界の続編はいつ見れるのかなぁ。楽しみだなぁ。
あと、マーティン・スコセッシの凄さというものを感じたな、今年は。
6才のボク〜も、この先こんな映画見れないんじゃないかっていうぐらいの映画だし。

さて、この5本は甲乙つけがたいけど、各賞の発表です。
ーーー
ベストムービー:新しき世界
ベストマン:ジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)/ウルフ・オブ・ウォールストリート
ベストウーマン:フィロミナ(ジュディ・デンチ)/あなたを抱きしめる日まで
ベストソング:I Shall Be Released (アラン・カミング)/チョコレート・ドーナツ
ベストドキュメンタリー:該当なし

今年はドキュメンタリーを2本しか見てないね。というわけで以上、映画まとめでした。

▼ベストブック
今年は32冊。
振り返ってみると、いい本はいっぱいあったけど、どうも自分の学ぶメンタルというのが地に落ちたような印象。。よくないなぁ、この感じ。
なんか読んだだけで、せっかくのインプットが忘れ去られるストレスだけだ溜まっていく感じ。
実践しなきゃ、実践。
というわけで、ベストブック該当なしです。

続きを読む

スポンサーサイト

2014年12月まとめ

人生
12 /31 2014
さらっと。

◆仕事
なし
▼趣味事業
なし
▼来月やること
なし

◆Oベース完パケ
▼やったこと
ヤフオク:CD6枚
廃材カット&処分×4
雑草処分×1
コレクションテーブル処分
玄関ポーチ掃除
▼やること
省略

◆節約
なし

◆身体
省略

◆教養
▼本:0冊
マイクタイソンの自伝と、アレを読んでいるが、読み切れなかった。

▼映画:6本
E.T.
6才のボクが、大人になるまで。
インターステラー
そこのみにて光輝く
戦争のはらわた
紙の月

トップ3、最高。

◆遊び
省略

◆総括
もう2014年が終わる。

E.T.

映画
12 /31 2014

E.T.コレクターズ・エディション [DVD]E.T.コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/11/25)
ディー・ウォーレス・ストーン、ヘンリー・トーマス 他

商品詳細を見る


新宿ミラノ座、最終上映に行って参りました。
いやぁ、映画館の閉館という瞬間に初めて立ち会った訳ですが、やっぱりグッと来るものがありましたな。
貴重な経験でした。ありがとうございました。

で、最後の上映作品はE.T.で、初めて見ましたが、やはり不朽の名作というのは、今見ても素晴らしかったです。
子供たちはかわいいし、笑えるし。
ハロウィーンシーンで、ヨーダのコスプレした子が出てくるというのは有名ですが、あそこなんか爆笑だったなぁ。
一方でお笑いの原点を見るような思いで、感心しちゃったり。

さて、本作のキーワードとして、『純粋さ』というものがあると感じました。
純粋な友情でE.T.と接する。
いろんな困難に見舞われるけども、純粋さを持ち続ければ、自転車で空を飛んじゃうような奇跡にすら帰結する。
それはまさに、スピルバーグの映画への思いを見せられたようでした。

そしてしっかり別れがある。
自立しなければならない。
乗り越えなければならない。
通過儀礼的要素もある、素晴らしい映画だなぁ。本当に。

紙の月

映画
12 /21 2014


「桐嶋、部活やめるってよ」で一躍日本映画界のスターになった吉田大八監督の最新作。
本作はいまいちだったな、自分にとっては。
なんか全然感情移入できなかった。

誰もが認める美人・宮沢りえ演じる、しがないOL梅澤はしがなさが凄くでてて良かった。
しかし、欲にまみれてはしゃぎはじめるときの梅澤は、なんというか、「宮沢りえがこれくらいではしゃぐかよ」って思っちゃった。
欲にまみれてる感がいまいち希薄というか。

それに、個人的には数年前から、この消費社会からの脱却ということで、無駄遣いを減らしたりしているので、もうその点だけで、この主人公には共感できなかった。
ありがちで陳腐なストーリーに思えてしまった。

ま、随所にうまい!ってところはちりばめられてたけどね。
落ちていくプロセスとか。

インターステラー

映画
12 /21 2014


クリストファー・ノーラン、注目の最新作。
うん、非常におもしろかったです。

しかし、重力というのはなんなんだろうなぁ。
地球という物質が中心にものを引き寄せる力って、これは一体何なんだ。
地球上では絶対的な真理であるのに、地球の外に出ればそんなものはなくなる。
テクノロジーの発達により、それが分かる域にまで到達するっていう。

ってな事を考えたり。
とにかく、自分が普段悩んでることなんて小さいなと思わせてくれたよ。
一瞬だけでも。

6才のボクが、大人になるまで。

映画
12 /21 2014


いやぁ、信じられないくらい没頭できたなぁ。
今までにない映画体験だった。
現実世界の話だから、映画としてはなんてことは起こってないんだけど、それをこういう見せ方されると非常にグッと来る。
ホント、つまらない人生、つまらない瞬間なんかないなぁ。
愛おしいなぁ。
なんて思っちゃう。
こういう視点を与えてくれる映画って大事。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。