2013年12月まとめ

日記
03 /31 2014
遅くなってしまったが、2014年3月を振り返る。
早くも今年度も終わりだねぇ。

◆仕事
いよいよ来月でこの職場も終わりそうだ。この仕事を一生続ける気もないけども、多少の経験と知見があるのも事実。
環境も変わって、フレッシュな気分になることだし、もう一回頑張ってみようかなと。
しかし、長期の目線も忘れてはいけない。金が儲かろうが、なかろうが、頑張れる仕事を、意義のある仕事をしようよ。
ロック・スポーツ・アウトドア・酒。
いますぐ今の仕事をやめて、次の仕事へ移れるわけでもないので、この2軸を進めていこう。頑張っていこう。
▼webの勉強
やるべきことは多いが、ちゃんと現場で活かせる勉強をせねば。
▼次の仕事
さてと。何しようかね。

◆Oベース完パケ
今月は多少進んだが、まだまだアグレッシブさが足りない。動けよ。
作業台と本棚を作り、大物着手の下準備が整った。ということで、ベランダの解体に着手。
が、ネジがきつ過ぎて外すのが不可能だったり、どこかがどこかに引っかかっていてデッドロック状態。
呆然とし、そこで今月は終了。
それでもヤフオク処分は着々と。
▼やったこと
寝室:押し入れ板はずし&整理
ヤフオク処分:掃除機2機、DVD3本、ベッドの脚、ミッシェルのツアーパンフ、インディアン半袖シャツ、スペースワープ、ベルキン、
物置空室化
捨てたもの:ゴミ防湿財、すだれ
作業台製作
本棚製作
▼やること
サンルーム解体
ベランダ解体
キッチン・リビングを一室化

◆節約
たるんでるな。

◆身体
最近体重をはかってないけど、こっちもたるんでる。
もう一度気を引き締め直そう。けがも治ったし。

◆教養
▼本:3冊
街場の憂国論
「アベノミクス」のこれまで・これから
ホルモン力が人生を変える

3冊しか読んでないか。。ちょっと少ないな。その分、アウトプットが増えてればいいのだが。

▼映画:8本
キング・オブ・コメディ
ケープ・フィアー
共謀者
それでも夜は明ける
復讐するは我にあり
ローン・サバイバー
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
ブラック・レイン

マーティン・スコセッシ監督、これは紛れもなく偉大だし、好きな監督だわ。ひれ伏す他ない傑作揃い。

◆総括
さあ、新年度。GWも間近だし動け動け動け。

スポンサーサイト

共謀者

映画
03 /31 2014

共謀者 [DVD]共謀者 [DVD]
(2013/11/08)
イム・チャンジョン、チェ・ダニエル 他

商品詳細を見る

臓器売買の事件に着想を得たという韓国映画。
いやぁ、これもとんでもない話だな。。
もう、残酷&悲劇の極みで、それだけで顔を歪めながら見てたんだけど、そこから更なるどんでん返し展開。
そこまで悪くなれるもんかね?
一体何の為にやってるんだか…。

ホルモン力が人生を変える

03 /31 2014

ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23)ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23)
(2009/02/03)
堀江 重郎

商品詳細を見る

最近、負傷のせいで運動してないからか、気力がないなぁ。
で、若々しく活力のある生活を送るために、男性ホルモンってのが大事らしいですよと。
その辺、学ぶために読んでみたが、ピンと来なかったな。
理屈ばっかで、「で、どうすりゃいいの?」って思っちゃった。
その理屈もいまいちグッと来ないし。

最後は至って普通な自己啓発10か条みたいなもので締めくくられていて、そりゃそうだろうとも思うが、まぁ、そんなもんなんだろう。
1.男性ホルモンの大敵、交感神経の緊張を和らげよう。
自分がリラックスできる居場所を作りましょうと。
2.積極的に副交感神経を活性化しよう。
「楽しいこと」をしようと。
3.食事を大切に。
偏りが無く、旬の食材を。抗酸化作用の高い食材を。
4.短時間でもエクササイズを。
これはサッカーやってるから大丈夫かな。
5.良い睡眠。
これも大丈夫。職場変わっても早寝早起きを。
6.仲間を大切に。
ふむ。
7.無理しておしゃれをしよう。
こういうのが大事なのかもね。自分を飾ってこそ男性ホルモンが上がると。(本文中にそんな説明あったっけ?)
8.凝り性になろう。
こだわる。自分を主張する。創作する。少年に還ろう。
これ出来てないかもな。こだわり捨ててるからなぁ。
9.大声で笑おう。
はい、大事。
10.目標を持とう。冒険しよう。わくわくしよう。
男性ホルモンは冒険心と。

えぇと、まぁ、「楽しめ」と。

ケープ・フィアー

映画
03 /31 2014

ケープ・フィアー [DVD]ケープ・フィアー [DVD]
(2002/11/01)
ロバート・デ・ニーロ、ニック・ノルティ 他

商品詳細を見る

マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロのコンビっつうのは、本当に数々の強力な作品を生んできたのですねぇ。
本作はヒッチコックへの敬意を色濃く反映させたというサイコホラー。
タトゥーが印象的な主人公デ・ニーロは復讐を果たすため、獄中で体を鍛え、本を読み、法学を学んだ。
その知識を活かし、捕まらないギリギリのラインで弁護士を追い詰めて行く。
その弁護士は、法のもと生きると言いながらも、不倫はしてるわ、そのせいで被害が広がっていくわで追い詰められて、とうとう法の向こう側へと自ら踏み入れてゆく。
娘の心は掴まれるわで、まさに地獄絵図の復讐劇。
いやぁ、ジョーカー、レクター博士等と肩を並べるといっても過言でない悪役ではないだろうか。
傑作。

ローン・サバイバー

映画
03 /31 2014


久々の戦争映画。
戦争映画といえば、セデック・バレ、高地戦、ゼロ・ダーク・サーティ、アルマジロなど、近年の強力な映画群を思い出す。
それらと比べるとちょっと劣るが、それでもなかなか痛い描写満載で、グッときた。
まぁ、でも、話としてはシンプル極まりなく、ただそれだけって感じがしなくもないな。。
変に、単なる美談として見えちゃう部分もあるし。
いろんな意味で煮え切らない感情になったなぁ。

「アベノミクス」のこれまで・これから

03 /25 2014

図で読み解く - 「アベノミクス」のこれまで・これから (中公新書ラクレ)図で読み解く - 「アベノミクス」のこれまで・これから (中公新書ラクレ)
(2013/10/09)
読売新聞経済部

商品詳細を見る

読売新聞経済部による「アベノミクス」の解説本。
概要はよく分かった。
要は3本の矢と言われる、「金融緩和」「財政政策」「成長戦略」。
金融緩和によりデフレを脱却し、経済成長のスパイラルを目指す。
業界も成長産業を中心に整理統合し、国際競争力のある産業を育てる。

しかしそれらの政策は、どうにも具体性に乏しく、絵に描いた餅にしか見えなかった。
デフレ脱却とは言うが、物価上昇したものの、我々の収入はそれについていくのか。
この人口減少局面に、そんな無邪気な成長戦略を前提としていてよいのか。
『拡大』を前提とした資本主義経済でよいのか。

そんなわけで、とてもアベノミクスを信じる気にはなれなかった。
まぁ、アベちゃんの苦労はよく分かる。
高齢化社会で社会保障費は膨らむ一方だというし。
消費税を10%に上げた程度では、国の借金1000兆円はカバーできないというし。
くだらない世論、野党の小言に惑わされていては、財政健全化は達成できぬ。

だからこそ、具体的で、説得力があり、視野の広く倫理的な政策が欲しいのだが。
ま、俺は足下のゴミを拾っていこう。

復讐するは我にあり

映画
03 /24 2014

復讐するは我にあり [DVD]復讐するは我にあり [DVD]
(2009/01/28)
緒形拳、小川真由美 他

商品詳細を見る

ちょいちょい映画日本史の中で名前が挙がる、ような気がする『復讐するは我にあり』を鑑賞。
タイトルから、『悪魔を見た』のような復讐劇や、『凶悪』のような凶悪犯罪ものを想定していた。
が、実在の犯罪者のドキュメンタリーのような作品であった。
ある意味で淡々と、犯罪者の逃走、日常、周辺状況を映し出す映画。

クリスチャンとして教えを守ろうとするも、どうにも欲望から逃れられないような三国連太郎は、悪魔に取り憑かれたかのよう。
それに対し、息子の緒形拳(本作の主役である殺人鬼)の、欲望に正直なことよ。
自分の将来など屁とも思わないような、刹那的な生き方は、その緒形拳の風貌ともあいまって格好良く見えてしまう。
最近、こういうの多いなぁ。


それでも夜は明ける

映画
03 /23 2014


本年度アカデミー作品賞ということで、いやおうなく期待が上がる訳だが、その期待を超えるほどの感動は無かった、正直。
まず、ジャンゴやマンディンゴなどを見て、黒人奴隷制度の知識が多少あったことで、その衝撃が和らいだこと。
そして、予告編にミスリードされたこと!
予告編にある、祖末なイカダで川を渡るシーンを見て、勝手にロードムービー的な脱走劇があるもんかと思ってしまった。
途中、旅人的なブラピなんかに助けられて。
そんなことを思ってたもので、「主人公、たいして何もしてないじゃん!」って思っちゃった。
もう、思っちゃってすみませんという感じだが。。

それでも、誰もが印象に残るであろうあのシーンは、やはり強烈で、息苦しいったらありゃしない。
人間というのは、環境次第でああも残酷になる、愚かな生き物なんだなぁ。

キング・オブ・コメディ

映画
03 /23 2014

キング・オブ・コメディ [DVD]キング・オブ・コメディ [DVD]
(2008/10/24)
ロバート・デ・ニーロ、ジェリー・ルイス 他

商品詳細を見る

ウルフ・オブ・ウォールストリートを見て依頼、マーティン・スコセッシ監督の作品を見ている。
いやぁ、これも凄い作品であった。

kingofcomedy02.jpg

このビジュアルは忘れられないな。
コメディの王を目指す男が、最初はそれなりにまともな方法で夢を叶えようとする。
が、それがなかなか叶わず、狂気へと落ちていく。
しかしそれは、狂気なのかなんなのか。
夢への思いが強すぎて、現実と妄想が入り交じり、ヤツにとっては狂気的ではないようであった。
そして最後にはとうとう夢を叶えてしまう。

奇想天外な題材とストーリーが、唯一無二な面白さの作品であった。
法をも怖れぬ行動力、憧れてしまったりするんだよなぁ。

街場の憂国論

03 /23 2014

街場の憂国論 (犀の教室)街場の憂国論 (犀の教室)
(2013/10/05)
内田樹

商品詳細を見る

久々の内田樹先生。
今回も面白かった。
読み終わってから時間が経ってしまったので、細かいことは忘れてしまったのだが、贈与経済に関する次の言葉は印象に残った。

これからさき、ポスト・グローバリズムの社会では、「貨幣で商品を買う」というかたちでしか経済活動ができない人々と、「贈与と反対給付のネットワークの中で生きてゆく」という経済活動の「本道」を歩む人々にゆっくりと分かれてゆくことになるだろう。



貨幣というものに絡めとられないようにせねば。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。