2013年8月まとめ

人生
08 /31 2013
しかしまぁ、何も進んでないね。
悩んでて、その結果、思考の整理はされたような気がしているけども。
そんなこんなで夏も終わり。振り返ろう。
夏休みはまだ取ってないけど。

◆1.より楽しい仕事を得る
▼今月の活動
なし。
▼来月の活動
まずは2をやるというのは変わっていないが、今後どう生きていくのかというのをよく考える。
もう今の仕事にはまったく興味を持てなくなっていて、もっとフィジカルな(というのも色んな意味を含むが)仕事がしたいなんて思う。だけど、こんな仕事、あんな仕事と頭の中で考えると、経験のなさやスキルのなさ、適正があるのか、なんていう不安が頭をもたげてくる。でもそこで止まっていることが一番無意味なわけで。
一方では「やればなんとかなるだろ」という感覚もあって、これを実践して、身体で味わうことが本当に大事だと思っている。どんなことでも最初はめんどくさいが、とにかく体を動かして実践すること。これに尽きると思う。

◆2.数年間、拠点として使える一棟物件を購入(不動産)
▼今月の活動
草むしりしたかな。。
▼来月の活動
2-1.物件購入
朝の物件チェックを習慣化する。とは言うものの、最近は借金して家買うのもどうかなっていう思考に傾いてる。
考えないとな。
2-2.リノベーション
壊す。

◆3.エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
▼今月の活動
出費しちゃったな。ま、いいけど。もっとシンプルにしたい。
▼来月の活動
引き続きエクストリーム貧乏生活。
財布に金を入れないのはいい。

◆4.肉体改造pt.2(体重63kg、体脂肪率12%)
▼今月の実績
体重:69.2kg→70kg
体脂肪率:22.8%→21.7%
体幹トレ実施率:7%→10%
食事制限(1500kcal以下/日)達成率:45%→50%
ラン:24km→14.3km
ウォーク:0km→0km
スイム:0km→0km
絶賛リバウンド中。せっかくのサッカーもいまいち不甲斐ない感じに。
また落としていこう。飽食から解放されよ。
▼来月の活動
引き続き栄養粗食。ラン。体幹。
あとテレビとコンビニはやめる。

◆5.教養・娯楽
▼本:5冊
モバイルハウス 三万円で家をつくる
大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方
幻年時代
僕らの時代のライフデザイン
中田英寿 誇り

家系1冊、生き方系1冊。
人生の主題に沿ってるな。
実践しよう。

▼映画:7本
パシフィック・リム
ベルリンファイル
ブルーノ
ワールド・ウォーZ
アニマル・ハウス
コクリコ坂から
ブロンソン

パシフィック・リムの大迫力やねw今月は。
来月は見たい映画が多いので楽しみだ。

▼その他
花火大会にサマソニにフルサッカー。
もっと遊んで、体動かして、やりたいことやろ。
▼来月の活動
またも楽器やってねぇw

◆総括
動け。

スポンサーサイト

モバイルハウス 三万円で家をつくる

08 /29 2013

モバイルハウス 三万円で家をつくる (集英社新書)モバイルハウス 三万円で家をつくる (集英社新書)
(2013/08/21)
坂口 恭平

商品詳細を見る


モバイルハウスの作り方や、都市型狩猟採集生活、独立国家のつくりかたなど、坂口恭平氏の本を読んできた。
ここにきて、『モバイルハウス 三万円で家をつくる』というタイトルの新著には、焼き直し感があり、あまり反応してなかった。
が、『家』は俺にとっても重要なテーマであるため、購入。

結論から言うと、やはり読んでよかった。
もちろん重複する内容はあるが、モバイルハウスという角度から言語化されたものは、整理の意味でも、新しい示唆の意味でも、貴重であった。
自分は、なかなか動きの鈍い人間なので、こういうインプットは何回も何回も入れたいものだ。

そして実践したい。
本書の中でも言われているが、「意外とかんたんに何でも出来る」ということを実感したい。
このことが実感できていないということが、動きの鈍さに表れている。
動きの鈍さというのがまさに『生きる技術のなさ』ということなのだと思う。
生きる技術がないから、日々悶々と暮らさざるをえないのだ。

実践すればいいのだ。
試して、失敗したら、また次に向かえばいいのだ。
もっと身体的に生きるべきなのだ。

==引用==
抗うのは疲れる。泣くのも疲れる。愚痴を言うのは辛い。
そうではなく、飄々と、思考し、試し、実践し、それを周りの人々に表明し、伝える。
それこそが人間にとっての生活だと思う。
======

パシフィック・リム

映画
08 /28 2013


見てきました。IMAX 3Dで。
いやぁ、すげぇド迫力。度肝抜かれた。

バカでかい怪獣とクソかっこいいロボの格闘。
それを大迫力のIMAX 3Dで。
この最高のスクリーンを充分に活かしきったグラフィック。
もう、ストーリーなんかなくてもそれだけで胸が熱くなる。

イェーガー(ロボのこと)も、香港(だっけ?)の3つ子が操縦する3本腕のやつとかあって、こいつらの活躍もまだまだ見たいとこだった。
続編に期待である。

大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方

08 /25 2013

大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方大家も住人もしあわせになる賃貸住宅のつくり方
(2013/07/30)
青木 純

商品詳細を見る


親のマンション管理会社を引き継いで、大家業を始めた人の話。
人口減少や、老朽化、東日本大震災の影響から来る空室率の上昇に悩んでいた著者。
彼が導きだした答えは、賃貸部屋のカスタマイズ、さらにはオーダーメイドであった。

最初は、住人の好みにあわせて、壁紙を張り替えるというだけのことを延々と語っていて、納得しつつも軽くうんざりしたりもした。
「そりゃ壁紙を好きに変えられたらうれしいだろうけど、そんなに長々と語ることか?」と。
しかし、それにとどまらず、シェアハウスや、オーダーメイド賃貸へとどんどん進化していく。

既存の大家業から見たら、利益率を下げるだけの愚行にしか見えないだろう。
だがしかし、長期的に見たら、これは確実にいい効果をもたらすだろう。
そして、何より大家も住人も楽しんでいる。
幸せになっている。

我々は金のためだけに働いているわけではない。
これでいいのだ。
働くことの原点ってこういうとこにあるのだ。
つい忘れがちだけど。


コクリコ坂から

映画
08 /25 2013

コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から [DVD]
(2012/06/20)
不明

商品詳細を見る


テレビ録画してたやつを見たんだが、これ、相当カットされてないか?
と思ったが、本編91分とのことなので、そうでもないのか。。

話自体は嫌いじゃないし、それなりに感動したし、ほっこりしたし、楽しめた。
しかし、素人目に見ても「下手くそやなぁ〜!」と思わざるをえないところが目立った。
アニメーションしかし、音楽しかり。
しかも、大事なとこで下手さが目について、どうもね。。

兄妹と発覚したときのリアクションとか、最後の船に急ぐシーンの音楽とか。
とほほ感がすごかった。

ジブリにはどうしても期待してしまって、ハードルがあがってる部分もあるだろうけどね。
でも、ジブリってそんなもんだから。
日本が世界に誇る映画製作会社だから。
これからも期待しています。

ベルリンファイル

映画
08 /25 2013


予告編を見たときは、既視感ありまくりで、どうにも見る気になれず。
だが、宇多丸師匠が絶賛してたので、見てきた。

正直、話が込み入りすぎて理解できなかった。
が、しかし、それでも飽きさせない何かがあり、充分に楽しめる映画だった。
逆に言うと、理解できないほどの複雑さがこの映画の魅力でもあろう。
まさに混沌。

あと、ハ・ジョンウがかっこいいなぁ〜。
チェイサー、哀しき獣の好演も印象的だったハ・ジョンウ。
すっかり好きな俳優さんになった。
「悪いやつら」も楽しみだな。

幻年時代

08 /20 2013

幻年時代幻年時代
(2013/07/20)
坂口 恭平

商品詳細を見る

坂口恭平のこれまでの著作とはいっぷう変わった小説。
幼少の記憶に潜る。

彼のレイヤーという考え方が、幼年期から発揮されている。
一見、だれにでもあるような体験が、彼のレイヤーでは、かくもドラマチックになるものか。

最近、悩みまくっている俺はいつも、「俺は何がしたいのだろう」と考える。
そのヒントはやはり幼年期の体験にあるのではないかと思う。
この幻年時代のように深く、鮮やかに潜るのはなかなか至難の技だと思うが、ちょっと試してみたい。

また読もう。

ワールド・ウォーZ

映画
08 /17 2013


なんか中途半端な印象の映画だったなぁ。
ゾンビ映画としても、終末映画としても。

終末映画としては、いたってシリアスに話は進んでいくが、ゾンビが全速力で走ってくるからね。
なんか笑っちゃった。
ゾンビとしてはなんか禁じ手感がある。
まぁ、クソ最高に恐怖だけども。
あんな世界、絶対、生き残れないもん。

終末映画を見るときって、自分だったらどうサバイブするかみたいなことを軽くシミュレーションしながら見たりするけども、今回は早々に諦めたよねw
あ、無理っつって。

そういう意味じゃ教訓にもならないし。
逆に、劇中にちらっとしか出てこないホームレスに、一番教訓めいたものを感じたり。
世界がゾンビという謎の恐怖に覆われて、もう、どうしようもなく右往左往してるときに、あらゆる執着から自分を解放しているホームレスだけが悠然としている。
ブラピよりもこっちにグッと来るっていう。
だって、ブラピにはなれないもの。




take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。