2013年1月まとめ

人生
01 /31 2013
さて、『一線を越える』をテーマに掲げた2013年、1発目の振り返り。
家だとダラダラしちゃうので、ちゃんと集中できる場所で書いてます。

▼本:1冊
7つの習慣

今月はこれ1冊だけ。
でもかなり集中して読んでます。
そして今2週目。
まずは主体性をしっかり身につけたいと思います。

これを意識して日々過ごしているからか、精神的にも安定しているように思います。
そして、7つの習慣の影響か、ちょっといつもとは違う出来事が起こりはじめています。
まぁ、本当にちょっとなんで、ただの日常かもしれませんが(笑)、まぁ、ありがたいことなので感謝です。
いつもと違う仕事を任されたり、いろいろ誘われたり、あまり話す機会のない人と話したり。
ちょっとしたことでも感謝出来たり、楽しめるマインドは正しいし、もっと7つの習慣を身につければ、もっと良くなるのかと思うとちょっとワクワクしています。

▼映画:6本
サニー 永遠の仲間たち
フラッシュバックメモリーズ[3D]
VANISHNG POINT
おとなのけんか
ポエトリー アグネスの詩
裏切りのサーカス

サニーが素晴らしかった。。
ナミが昔のメッセージビデオを見るシーンの美しさが脳に刻まれてます。
あとフラッシュバックメモリーズも素晴らしかった。
よし、自分の人生を生きようぜ。
VANISHG POINTももちろん素晴らしかったが、オープニングタイトルとかフォント選びとか、そういう細かいとこが気になったという点で第3位です。

▼今年の重点テーマと実践したこと
1.より楽しい仕事を得る
転職については何もなし。
7つの習慣を読んで、前向きに仕事をしているのが現状。

2.数年間、拠点として使える一棟物件を購入(不動産)
自宅は断捨離の途中。
まだまだ終わらず。
朝の物件チェックも根付かず。やらねば。

3.エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
まぁまぁ節約できましたが、まだまだ。
今月の収支をしっかり反省し、予算設定を見直したところです。
とりあえず、通信費と振り込み手数料など、こまごまとしたものを削りました。
そして、食費をまだまだ削っていきたい。
月にいくらまで貯蓄に回せるか、チャレンジです。

4.肉体改造pt.2(体重63kg、体脂肪率12%)
体重:67.8Kg→67.8Kg
体脂肪率:23.4%→21.2%
体幹トレ実施率:0%→30%
食事制限(1500kcal以下/日)達成率:58%
ラン:15Km→30.3km(4ラン)
ウォーク:2.7Km→0km
スイム:0Km→0km

ぐぬ、一昨日、昨日と食べ過ぎたせいで、体重変化なし。。
やはり肉体改造をはじめた1年前ほどは体重が落ちにくくなっています。
普通の食事制限ではこの辺が限界かも(と言っても反省すべき点はある)。
なので、体幹に食事にもっと改善しつつ、遊びというトレーニングをもっと取り入れたくなってきました。
暖かくなったらサーフィンでもするかな。
トレイルランにクライミングに、やりたいことはいっぱいあるが、あまりこれに時間を割きすぎてもね。。
とりあえず来月は体幹トレ実施率を100%に近づけたいです。

5.遊び・その他
サッカーに新年会にロドガブLIVEに。
パチカはちょっとずつ上達。
遊びはこんなもんでしょう。
上4つのアウトプットが大事。

▼やること
1.より楽しい仕事を得る
ちょっと手をつけられないな、まだ。
今の仕事に前向きに取り組みつつも…という感じ。

2.数年間、拠点として使える一棟物件を購入(不動産)
自宅の断捨離。
朝の物件チェックの習慣化

3.エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
見直した予算設定で暮らす。
まぁ予想外の出費が無ければ、いけるでしょう。
食費がどれだけ削れるかが鍵ではあるが、食と人生の楽しみというのは直結してるのがむずかしいところ。
仲間との食事は楽しみつつも、一人のときにどう削るかだね。

4.肉体改造pt.2(体重63kg、体脂肪率12%)
体幹トレに食事制限、これの達成率向上をひたすら追い求めて。
ランニングは余裕で達成だろう。
暖かくなったらトレランしようと思ってるので、それまでにもっと走れるようになってたいね。
あと、スイムとバイクも楽しみつつ。

5.遊び・その他
映画部本格指導、かな?
パチカ練習。

▼今月の言葉
生活の中で大きな変革を遂げようとすれば、行動や態度という「葉っぱ」に心を奪われることなく、その行動や態度の源であるパラダイムという「根っこ」に働きかけなければならないのだ。〜スティーブン・コヴィー

今月は以上、日々精進なり。

スポンサーサイト

VANISHING POINT

映画
01 /31 2013


13年ぶりに陽の目を見たという、BLANKEY JET CITYのラストツアーを追ったドキュメンタリー。
有楽町ピカデリーで見てきた。

否応にも期待感が高まる中、オープニングタイトルに「ださっ」と思ってしまったけど、そんなことはどうでもよかった。
奇跡のスリーピースが、解散に向かう旅はいろいろあるけど、やっぱ最高だった。
誰よりも純粋にストイックに最高のライブをしようという照井。
「あれ?って思ったら笑おう」というベンジー。
体調不良があったりで、ツアー中、一番浮き沈みが激しいように見えた達也。
「脱皮」という言葉が彼から出たとき、ブランキーというのはまさにひとつの生命体なのだなと思った。
奇跡的にこの世に生まれ、ロックンロールと呼ばれた生き物。

そんな奇跡のスリーピースは、壁をつきぬけ、さらに加速していく。
迷いが吹っ切れたかのような演奏に、にんまりと笑う照井の顔が印象的だった。

一人の男としては、嫉妬すらおぼえた。
人間ってここまで行けるんだと、ここまでかっこよくなれるんだと。
演奏する3人はとにかくかっこよかった。

上映が終わり、『綺麗な首飾り』を脳内でループさせながら歩く。
ロッキーでも、仁義なき戦いでもそうだが、いい映画を見た後は、主人公に自分を投影させ、強い気になり、最高な自分になったつもりになる。
この日も、最高の3人が乗り移ったかのように、目の前には明るい光が見えていた。
しかし俺ももう、いいおっさんだ。
人から受けた光でいつまでも道を照らし続けられないのは理解している。
ブランキーは脱皮して、加速して、消失点へと向かい、また別の生命体として、ロックンロールとして生きている。
俺も自分の光で輝けるように、磨いていかなければならない。
その道程で強い相棒になるのは、もちろんブランキーのような最高のロックンロールだ。

おとなのけんか

映画
01 /27 2013

おとなのけんか [DVD]おとなのけんか [DVD]
(2012/12/19)
ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット 他

商品詳細を見る

ロマン・ポランスキー監督の『おとなのけんか』を鑑賞。
一室での口喧嘩だけで、一本映画出来るんですねw
単純に楽しめました。

最初は立派な大人なのに、どんどん酷くなってw
もう今日のところは帰れよ!っていうね。

自分は、思想的にはジョディ・フォスターに肩入れしますが、あんなに熱い思いは持ってないから、あんな風にはならないと思うw
もっと冷静に話せると思いたいw

ポエトリー アグネスの詩

映画
01 /27 2013

ポエトリー アグネスの詩 [DVD]ポエトリー アグネスの詩 [DVD]
(2013/01/26)
ユン・ジョンヒ、イ・デビッド 他

商品詳細を見る


非常に淡々としている。
自分にとっては、なんか不思議な映画だ。
最初見たときピンと来なかった。

しかし、見終わって、他の人のレビューとかを見て、意味が分かるとだんだんグッと来た。
きれいな服着て、いい生活を送ってるかと思いきや、介護の仕事したり、生活は苦しかったり、どうしようもない孫がいたり。。
そんな不思議なふわふわと生きてきたおばあちゃんが、真に人生と向き合う物語なんだな。
そこに“詩”というものが寄り添う。
詩とは、人生の本当の美しさを探すことだと。

詩を書くことは決心することだと教えられる。
美しさを求め、決心した後、おばあちゃんの起こす行動に強さを見る。

フラッシュバックメモリーズ[3D]

映画
01 /27 2013


アボリジニの民族楽器であるディジュリドゥ奏者のGOMA。
フジロックなんかのタイムテーブルで名前を見かけることはあったが、よく知らなかった。
彼は2009年に交通事故にあい、脳に障害を負ってしまう。
過去の記憶は消え、新しい記憶も定着しにくく、すぐ忘れてしまうという症状だ。
そんな彼が、苦悩しつつも、見事アーティストとして復活する様を、ライブとテキストと3D映像で映し出すという、ちょっと変わったドキュメンタリーだ。

ディジュリデゥという原始的な楽器を扱い、メッセージを伝えるアーティストである彼に降りかかるこの災難は、まさしくドラマチックで、とても啓示的な出来事のように映る。
他人事でのん気な感想だけど、我々にメッセージを伝えるために、神が彼に与えた試練である、と。

GOMAの非常にさっぱりしたしょうゆ顔と、原始的なディジュリドゥのビートは彼の苦悩をあっさりと吹き飛ばしたように見える。
しかしちょっと想像すると、その苦悩がとてつもないことは想像に難くない、いや、でも想像を絶するかも。
愛娘の成長過程も忘れてしまうという恐怖。
「神様、この記憶だけは消さないでください」
そんなコピーが映し出されたとき、涙があふれた。

GOMAの新作タイトルは、「I Believed The Future.」
啓示的なこのアーティストの物語を、そしてパワーを我々は受け取って、自分のものにしなければならない。


I Believed The Future.I Believed The Future.
(2011/09/14)
GOMA&The Jungle Rhythm Section

商品詳細を見る


7つの習慣

01 /23 2013

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー

商品詳細を見る

自己啓発界でも名著との評判が高い『7つの習慣』をやっと読了しました。
今までも数々の自己啓発本を読んできましたが、そこから学び、そして自分の中で「これが真理ではないか」と思うことが、腑に落ちるかたちで提示されている。
そんな印象を覚えました。

例えば。
昨年は、やらなければならないことをしっかり認識しつつも、行動できないという、行動力のなさと格闘しておりました。
格闘というとかっこいいですが、ただダラダラしつづけてしまっていた。
そこで何を思ったかというと、やるべきことをやるためには、無理やり行動を植えつけるような手法では長続きしない。
なぜそれが必要なのかをしっかりと見つめなおし、それを自然とやりたくなるような環境をつくることが大事ということです。

その大事さを本書冒頭でも述べており、テクニックに頼った個性主義ではなく、人格主義が大事であると言っています。
そう、まさに人格を磨けと。

さて、1ヶ月弱かけて読み進めてきました。
紹介される7つの習慣はすべて関連づいており、すべてをバランスよく磨いていく必要があります。
とはいえ、なかなか膨大な量ですので、今度は実践を心がけながら2週目に突入したいと思います。
うん、学ぶことが多すぎるので、1つずつ丁寧に身に付けていこう。
まずは主体性から。

最後に印象に残った言葉を記しておきます。

自分の身に何が起こるかではなく、それにどう反応するかが重要なのだ。〜スティーブン・コビー

大きな成果を出す人は、問題に集中しているのではなく、機会に集中している。〜ピーター・ドラッカー

人間関係づくりに最も大切な要素は、私たちが何を言うか、何をするかということではなく、私たちはどういう人間であるのかということである。〜スティーブ ン・コヴィー

大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりの人のために全身を捧げる方が気高いのである。〜ダグ・ハマーショルド元国連事務総長

P(目標達成)の問題はPC(目標達成能力)の機会である。〜スティーブン・コヴィー

他人の幸せに貢献していると感じていれば、仕事の質は向上する。自分だけの利益を追求するならば、仕事の質は低下する。〜7つの習慣より。

生活の中で大きな変革を遂げようとすれば、行動や態度という「葉っぱ」に心を奪われることなく、その行動や態度の源であるパラダイムという「根っこ」に働 きかけなければならないのだ。〜スティーブン・コヴィー

裏切りのサーカス

映画
01 /21 2013

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2012/11/02)
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る

う~ん、話分かりにくいわ。
私の頭が悪いだけですか?
登場人物が多いのはしょうがないにしても、説明も少ないし。
「このシーンはこういう解釈でいいんだよね?」っていうことの連続で、もうさっぱり。。
最初の30分ですでに迷子状態でした。。

サニー 永遠の仲間たち

映画
01 /16 2013

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション DVDサニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション DVD
(2012/11/02)
ユ・ホジョン、シム・ウンギョン 他

商品詳細を見る

評判は聞きつつも、女性友情ものということで敬遠してました。
しかし、昨年のタマフル映画ランキングでも軒並み高評価だったので、満を持して見てみたら…

これ、最高ですやん(涙)

少女時代のチュナがかっこいいなぁ。
そして、現在のナミが超美人。
とくに昔のメッセージビデオを見てるシーンなんか最高に美しい。

人生にはいろいろあるけど、しっかり真正面から立ち向かわねばならない。
そうすれば「人生捨てたもんじゃない」と言える日が来る。
そう信じたい。
そう信じさせてくれる良作でした。

rodrigo y gabriela @ bumkamuraオーチャードホール

音楽
01 /16 2013
2013年、1発目のライブに行ってきました。
rodrigo y gabriela @bumkamuraオーチャードホールです。

座席指定のホールということで、最初はみんな座っていて、自分も座ってみるものなのかなと思ってましたが、すぐ総立ちね。
まぁ、音楽がら、そんなにバリエーション豊富なわけではないので、途中、中だるみしなくもないですが、全体的にはもう最高でした。
個人的には、ジミヘン、トム・モレロ等に並ぶギターヒーローです。

特にガブリエラの右手はどうなってんだと。
弾いて、叩いて、はじいて、つまびいて。
私は神の手と称しています。

新年一発目として申し分のない、大興奮のライブでした。
またフジロックに来てくれることを願います。


Live in Japan (W/Dvd)Live in Japan (W/Dvd)
(2008/11/11)
Rodrigo Y Gabriela

商品詳細を見る


2013年の目標

人生
01 /02 2013
明けましておめでとうございます。
さて、本ブログも3年目に突入です。
2011年は不動産投資を始めて、1件購入。
2012年はそれを賃貸化、かつ一棟もの購入。そして転職というシナリオを描いていましたが、達成出来ず。
原因としては資金のなさと動きの悪さ。
とはいえ、ダイエットや読書、映画鑑賞は一定の結果を残せたので、確かな成長を感じられた一年でもありました。
成功と失敗を顧みつつ、今年はアウトプットにこだわっていきたいと思います。

さて、今年の重点目標は4つ。
・より楽しい仕事を得る
・数年間、拠点として使える一棟物件を購入
・エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
・肉体改造pt.2

こいつらを、アウトプットを意識して達成していきます。
去年は、インプットはできましたが、アウトプットができませんでした。
今年はとにかくアウトプットにこだわって、自分を鼓舞していきます。
テーマは、「一線を越える。」です。

▼より楽しい仕事を得る
やはり人生の中心たる仕事。これを充実したものにしなくてはならない。
そのためにもう今の職場は去らなくてはならない。
そしてどんな職につくか。これについては別途時間をとって考え続けねばならない。
具体的なアクションは以下。
▼転職の方向性に結論を出す。
フットボール系かウェブ系か。
▼転職活動
週末バイトを始めるのか、エージェントに登録するのか、それにむけて勉強するのか。

▼数年間、拠点として使える一棟物件を購入
引き続き不動産投資は続けていきたいので、転職の前にローンを使って一棟ものを購入しておきたい。
これからの家余り時代を迎えるにあたり、低リスク方針でいきたいと思う。資金も少ないし。
1,000万台で横浜あたりに2戸入りアパートが手に入るといい。
具体的なアクションは以下。
▼毎朝の物件チェックを習慣化。
毎朝7時に起きて、物件チェック。まずその前にメソッドを確率せねばならない。
▼一棟購入出来れば、そこに入居して、今のとこを賃貸or手放す選択肢もあり。

▼エクストリーム節約 a.k.a.消費社会からの脱却
そして、不動産投資のための資金作りの側面もあるエクストリーム節約。とことん出費を削っていきます。
だがしかしそれは節約という響きがもたらす貧乏臭いものではなく、消費社会からの脱却でもある。
足るを知り、シンプルな暮らしをする。
無意識に不要なものを買い、無意識に人生を削ってしまう行為を排除する。
それを手に入れるために、今年はあえてエクストリームな節約を心がけてみる。実験である。
◆数値:月○○円で過ごす。
結果、年間貯蓄○○円に達する。
▼ミニマムライフコストの把握
月間予算を2012年度版に更新。かなり削っていく。

▼肉体改造pt.2
そして最後に肉体改造である。
去年は約10kgの減量に成功した。しかし腹回りには贅肉があふれているし、体脂肪率もまだ20%台だ。
アスリートにあるまじき数値である。
もっとサッカーで結果を出すためにも、今年も引き続き肉体改造を続けていく。
◆数値:体重63kg、体脂肪率12%
アスリート然とした肉体を手に入れる。
172cm、63kgは香川真司の数値である。
このバッキバキの体を手に入れ、大前提である、サッカーで活躍できる体を作る。ちなみに腹筋はもちろん割れている。
具体的なアクションは3つ。
▼ラン:16km・2.5ラン/月
距離・回数ともに2012年を超える。(2012年の実績:188.71km ・ 31ラン)
週に1回は5kmランを実施。
▼体幹トレ
毎日体幹トレ&ストレッチ。
▼少食&栄養食
1日1食を基本線に、少食で暮らす。しかしアスリートなので、栄養学も取り入れ始める。


以上、4つを重点課題として実行していく。
おまけとして、楽しみ部門も書いておこう。人生は楽しんでこそなのだから。
▼楽しみ
趣味のひとつである音楽。今年はプレイヤーとしても音楽を楽しむ。
パチカ、ギターの腕を上達させ、人前で披露する。

さて、以下は去年の書式にならい、途中まで書いたもの。
色々挙げすぎても、達成出来ないので、上記4つに絞った次第。
メモとして残しておく。
◆経済・モノ・お金
▼追浜ベース賃貸化
あのボロ屋を本当に賃貸化できるのだろうか。。
まあ何はともあれ奇麗にしてとことんいじり倒して実験の場にしてみたいです。
床張り替えたり、ウッドデッキ作ったり。
結果、賃貸化できれば最高です。売却でもよし。
▼一棟ものの購入
1,000万台で横浜辺りに一棟もの欲しい。そこを拠点としたい。
住宅ローンを使って、キャッシュフロー最大化できる物件の購入を目指します。
まぁ、この価格帯だと利益率は低いだろうけど、ローリスク方針です。
▼エクストリーム節約・消費社会からの脱却
ミニマムライフコストの把握

◆プライベート・家庭・人間関係
▼ネタ作り
日々、楽しく生きることで、結果、ネタになればいい。

◆社会・仕事
転職

◆自己研鑽・教養・知識
▼本100冊/映画100本
ただ、あくまで達成目標であり、真の目的は良質なインプットとアウトプットである。
▼海外旅行
行けたら行く。
▼コミュニケーション能力の向上
人に優しく。

◆健康
▼肉体改造
体重63kg、体脂肪率12%のアスリート然とした肉体を手に入れる。
大前提はサッカーで動ける体を作ること。
ちなみに172cm、63kgは香川真司。
▼ラン
距離・回数ともに2012年を超える。
2012年の実績:188.71km ・ 31ラン
=16km・2.5ラン/月
▼フットサル大会で優勝
優勝かつ得点王。
そのために体幹トレーニング。

◆心・精神・感情
昨日の自分に勝ち続ける。

最後に。
うむ、やることはいろいろあるが、最優先は資産づくり。
若いうちにここに集中しないと、人生の高速レーンに乗れないので。
さて、次はこれを行動・習慣レベルにまで落とし込む。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。