ドクター・ストレンジ

映画
02 /10 2017

新たなマーベルのヒーロー
アベンジャーズは現実世界の平和を守り、ドクター・ストレンジはまた別次元の世界を守る、ということらしいです。
なので、ファンタジー要素多め。
しかし、ファンタジー苦手な自分もそれなりに楽しめました。

ま、いろいろ突っ込みたい要素も多いですが(アジア人少なすぎな件とか)、新キャラクターの出だしとしては、合格点を叩き出しているので、さすがマーベルという感じです。
今後の展開に期待。

スポンサーサイト

ムカデ人間2

映画
02 /08 2017

前作が物足りなかった(と言ってる自分もどうかと思うが)ので、早速2作目を鑑賞。
いや、1作目はプロローグに過ぎないじゃないか!
今作こそが最狂最悪のゲテモノ映画だった!
今作に向かうために1作目をああいう作りにしたのかな?というぐらい。
1作目とのつながり設定も秀逸、テイストも変えて、何と言ってもあの主人公の存在。。
いやぁ、久しぶりに最悪の映画体験だったわ。。

フォレスト・ガンプ

映画
02 /07 2017

町山智浩著「最も危険なアメリカ映画」で解説されていた「フォレスト・ガンプ」を鑑賞。
日本人には分かりにくいその裏の意味を分かって見ても、普通にいい映画に感じてしまう。。
ロバート・ゼメキス監督の思いのままに感じてしまい、だからこそ危険だということか。

ホーリー・フール(聖痴愚)としてのフォレスト、反戦運動の失敗の象徴であるジェニー、描かれなかった公民権運動。
いやぁ、、町山さんの映画語りはおもしろい。。

沈黙-サイレンス-

映画
02 /01 2017

私も大好き、巨匠マーティン・スコセッシによる日本小説原作ものということで注目の「沈黙」を鑑賞してきた。
「踏み絵」ぐらいしか知識のなかった隠れキリシタンの物語。

ポルトガルの布教者、日本の隠れキリシタン、政府の三者の関係により物語が進行するわけだが、俺は完全に政府側に共感した。
キリスト教を危険な思想として取り締まる、イッセー尾形、浅野忠信が演じるキャラクターだ。
もちろん、あんな残酷なやり方で棄教させる必要はないと思うけども、しっかりと思想論争をしかけるイッセー尾形の強さたるや。
一方のキリスト教司祭は、信仰への盲目さばかりが際立つ。
その状況において、何も救えない、希望も生み出せない邪教になぜすがり続けるのか、そこに疑問を感じつつも、なぜ積極的行動、思想改変を起こさないのか。
盲目的に信じ、苦悶することそれ自体さえも信仰であるかのような態度。
とても実践的、実用的とは思えない。
しかしそんな状況でも、その司祭を拠り所とする信者がいる。
まったく人間という生き物は興味深い。

本作を見る中で、浮かんだ疑問。
当時の隠れキリシタンは、なぜ邪教であるキリスト教を信じる必要があったのか?
取り締まられ、拷問されるのに、なぜそれにすがる必要があったのか。
元々、マイノリティだったり、迫害された人々だったのだろうか。

ポルトガル人はなぜそうまでして布教する必要があったのか?
人民救済の名目は建前で、やはり植民地づくりの目的があったのではないか。

日本政府はどういう思想的論理で、キリスト教を邪教と結論づけたのか?
劇中で感じたように、仏教を軸とした当時の日本政府の思想的到達点は、キリスト教を凌駕するものだったのだろうか。

そんな疑問を考え、調べたくなった。
こういう知的好奇心をくすぐる映画はとても好きだ。
さて、町山さんの解説を聞こう。

ムカデ人間

映画
01 /31 2017

今まで怖くて手をつけてなかったが、いろいろ耐性もついてきたので、見てみた。
意外と抑制を効いてて、無駄に格調高い作品になってるなとw
手術シーンや排泄シーンなど、「何を見せられるんだ!?」とビビりながらも期待したシーンは、意外とあっさり。
いろいろ気を使った結果なんだろうか。
女が逃げるシーンなどは、現実味のない行動で、こっちのテンションを下げさせられる。
こんなシーン削って、もっと手術シーンなどをノンブレーキでやっちゃって欲しかったという気持ちにもなったり。

しかし、アイディア自体は最狂最悪なのは間違いない。
この映画、事前情報なしで、出会い頭で見ちゃったら、どうなるんだろう、どんなトラウマを残すんだろう、と変な妄想をしてブルブルしました。

荒野の七人

映画
01 /30 2017

マグニフィセント・セブンが公開中ということで、先にリメイク元となった「荒野の七人」を鑑賞。
原点となる「七人の侍」は劇場で鑑賞して、大いに感銘を受けました。
「これは単なるチャンバラ映画ではない、リアルな戦国戦争映画だ!」といった具合に。
さて「アメリカさんはどんなもんかいのう」と鑑賞しましたが、なんか「七人の侍」の良さがことごとく劣化してるなという感じ。
7人のキャラや、仲間にしていく過程。
戦闘のリアルさ、当時の生活ぶりなど、どれもイマイチ楽しめない。
当時は黒澤明を始め、日本映画が世界の最先端だったという話を聞きますが、それが証明されたような思いだった。

牝猫たち

映画
01 /26 2017

う〜ん、なんだかとても面白くなかったなぁ。。
「日活ロマンポルノ リブートプロジェクト」として制作された白石和彌監督の作品。
現代に生きる3人のデリヘル嬢の人生をリアルに描き出す、といったところだろうが、なんかどこかで見聞きした話の寄せ集めといった感じ。
生々しい痛々しさはあるけども、「これを見てどう感じろと?」っていう。
人間ドラマとしてもポルノとしても中途半端な作品に感じてしまった。

さざなみ

映画
01 /24 2017

70歳を超えた老夫婦のお話。
最初は素敵すぎる日常が過ぎていくが、とある一通の手紙がその日常にさざなみを起こす。
もっと大波な展開になっていくかと思いきや、さざなみのまま終わるという、なんとも大人な渋い映画
よくこれを一本の映画に仕上げたなという感じ。
幸せな老後を夢見る夫婦にとっては、いい人生予習になるかもしれない。
俺にもそんな日がくるだろうか…。

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション

映画
01 /23 2017

正直、白黒だからと言って「ここが際立ってすごい」とかいう感想は抱けなかった。
それよりもチネチッタ川崎で見たんだが、LIVE ZOUND上映という爆音っぷりと相まって、なんかとにかく凄かった。。
もう見るのは5回目くらいになるが、いまだに「なんか分からんがすげぇ…」という感想しか出てこないという。。
圧倒的な美学に打ちのめされているのだろうか。

ちはやふる -上の句・下の句-

映画
01 /21 2017

青春最高ぉ!
これはかるた会のスラムダンクやで!

というテンションになるぐらい最高でした。
原作のキャライメージに近づけようとしたせいか?お寒い芝居もなくはありませんが、広瀬すず力や笑いどころの多さのため、ポジティブな印象があっさり上回り、大好きになりました。

いやぁ、広瀬すず、若干18歳にして恐ろしいフィルモグラフィやで。
続編の計画もあるみたいだし、楽しみです。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。