知らないと恥をかく世界の大問題2

10 /12 2012

知らないと恥をかく世界の大問題2  角川SSC新書 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)
(2011/03/10)
池上 彰

商品詳細を見る

はい、このシリーズ3冊とも読了です。
前回読んだシリーズ1作目は、さすがにタイムリーさに欠けるかなと思っちゃったんですが、この2作目は2011年3月発刊ですが、それを感じさせなかったですね。

今回は自分の無知さを改めて思い知らされました。
北朝鮮がいくらミサイル実験とか核開発するって言っても、実際、北朝鮮も戦争したいわけじゃないだろうし、本気で攻めてくることもないでしょ?ぐらいにしか思ってませんでした。
もし本当に攻めてきても、国連が、国際社会が黙ってるわけはないでしょ?と。
でも、北朝鮮のトップはもはや、軍事的な武勇伝を示すことでしかその座を守れないし、追い込まれれば何をするか分からない。。
国際社会だって、すべては利害関係が絡んでるわけだし、どれだけあてになるか。。

中国との領土問題にしても、「強行姿勢をアピールする政治家は国民の支持が欲しいだけ」という論を信じきっていましたが、決してそれだけではないぞと。
中国は、ベトナムやフィリピンなど、いろんな国と領土争いをしているそうです。
海域についても、2020年までにサイパンあたりの海まで自分のものにしようとしているそうです。
なんと沖縄についてもその領有権を主張する人もいるらしいです。
中国は、13億人もの人民を食わせていかねばならず、農地もエネルギーも必死で獲得しにきているのです。

北朝鮮は戦争するし、中国は侵略してくるし、ロシアも侵略してくるし、日本の得意分野である工業製品では韓国がのしてくるし、パキスタンなど中東の問題もあるし。
世界の事情を知ると、そんな最悪の事態が現実のものになりそうな気がしてきます。

第2次世界大戦を経験し、世界はもう戦争や侵略にはこりごりかとおもっていましたが、それはまさに日本人ならではの平和ボケなのかもしれませんね。。
しかし、ボケるほどの平和を守るため、日本が果たせる役割というものがあるはず。
平和はいつもそこにあるものじゃなくて、我々の手で大事に守っていかなくちゃならないものなのだから。

スポンサーサイト

知らないと恥をかく世界の大問題

10 /03 2012

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
(2009/11)
池上 彰

商品詳細を見る

分かりやすいし読みやすいし、読書冊数かせぐために、読了。。
2009年のものなので、さすがに前回読んだ第3弾よりは、臨場感がないですね。
話題も重複が多いし。
でももちろん良書ですよ。

まぁしかし、こういう本を読むと、つくづく世界は問題だらけだなぁと落ち込みますね。
着実に解決に向かわなきゃいけないのに、政治家は政局争いばかり。
政党といっても、確たる方針があるわけもなし。
もっとこう、大きな方針を示してくれないと選挙にも行く気がなくなります。
ただ、政権交代を繰り返して、ちょっとずつ政治が強くなっていくのかなって気もするし。
まぁ我々の国、日本ですから、我々国民もしっかり勉強して、よい国を作っていきましょう。

知らないと恥をかく世界の大問題3

09 /30 2012

知らないと恥をかく世界の大問題3  角川SSC新書知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書
(2012/05/10)
池上 彰

商品詳細を見る

言わずと知れた池上彰先生、2012年5月出版のシリーズ3作目です。
もう、読みやすく分かりやすい、世界を俯瞰した目線で見せてくれる良書です。
とりあえず読んでおけ、とみんなに薦めたいです。

アラブの春や、日本の隣国の情勢、ポスト資本主義から、原発問題まで。
しかし北朝鮮、建国の父・金日成が、ソ連に都合のいいようにと、スターリンから送り込まれた人物だとは知りませんでした。
名前も伝説の将軍の名前をとったもので、本名はキム・ソンジュというそうです。
なんとも。。

あと、大統領と首相の関係とか。
なんで同じ国に、大統領と首相が2人いんのかなぁと思ってましたが、謎がとけましたw

しかし、世界というのはつくづく金とエネルギー確保が原因で、ごちゃごちゃしてんだなぁと思いました。
資源のない日本はさっさと代替エネルギー開発のトップに踊りでるべく、金を投入してほしいですね。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。