街場のメディア論

11 /12 2012

街場のメディア論 (光文社新書)街場のメディア論 (光文社新書)
(2010/08/17)
内田 樹

商品詳細を見る

今回も膝を打ちまくりましたね。
街場のメディア論を読了です。

内田先生のよく言う『贈与経済』についても詳しく言及されており、その思いが多少分かったような気がします。
まぁ、それがそのまま資本主義経済にとってかわるかというと、なかなか想像しづらいですが。
しかしまぁ、そんな社会が実現したら、メチャメチャ成熟しているような気もします。
でも生活に超余裕がある、というのが大前提なような気もしたり…、う~ん、分かりませんが。

さて、印象に残った話をいくつか。

メディアが不安をあおるのはなぜか。
この前はどっかの週刊誌が「中国が攻めてくる!」という見出しを掲げたことに驚嘆していらっしゃいましたが、そういったなんの信憑性もないが、ショッキングな見出しを掲げることで、将来について不安になると。
この先どうなるんだと。そういう状態になると、情報への渇望が起きると。この先、俺たちはいったいどうなるんだ?という情報を得たい。そうするとメディアへの要望が高まり、週刊誌は売れると。そういう構造だと。
でも、そこでその週刊誌を買ったとこでたいした情報は載ってないのに、なぜ我々はそれを買い続けてしまうのだろう。
もはや生まれたときからそういう構造に浸かっているから分からなくなっちゃってるんだろうな。
発信する側も受信する側も。
まったく危険なことですな。

社会的公共資本(だったっけ?)について。
空気や水や食べ物にはじまって、道路や家、医療や教育まで。
基本的な人間の生活を送るにあたって、そういった最低限必要な公共物にビジネスマインドを持ち込むべきでないと。
あるとき、厚労省から病院に対して「患者さま」と呼ぶように通達があったと。
そうすると何が起きたか。
入院患者が院内規則を破るようになったという。
ビジネスにおいて客とは、最小のお金で最大のサービスを引き出すものだと。
競争社会においてそうすることが、サービスの向上につながるので、客としては正しい振る舞いだと。
この理路は社会作りにおいて非常に重要ですよね。
うむ、、常に頭に置いておきたいです。

あともうひとつ、電子書籍について。
『電子書籍の、紙媒体に対する最大の弱点は、電子書籍は「書棚を空間的にかたちづくることができない」ということです。その前を歩いたり、こたつで昼寝をしていて、ふと目を覚ますと背表紙と目が合うというようなことが起こらないということです。』
なるほど。

内田先生の本は、全体としてこう感じたというよりは、局所局所ですごく腑に落ちる説明があって、そればかりが頭に残ってしまうということがある、と今回特に思ったり。
というわけで、本書はもう一回読もう。

スポンサーサイト

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ

10 /31 2012

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ
(2012/01/20)
平川 克美

商品詳細を見る

内田樹さんの盟友、平川克美さんの著書。
なんというか、、非常に読みづらかったです。。
大事なとこで、論理の飛躍や説明不足があるという印象。

人口の減少は将来への不安から来るもので、それを取り除けば人口減少は抑えられる。
とは、世間でよく言われる主張であるが、これがいかに安直なことかと反論する。
人口減少、そして経財縮小は自然経過的なものであるから、それを真正面から受け入れつつ、いかに我々の生活を営んでいくか。
そのキーとなるものが小商いであり、ヒューマン・スケールな生活をすることであると。

その主張には大変同意するが、どうも説明がしっくり来ない。
著者の子供時代、高度経済成長を支えた町工場を回想し、そこにあった小商いの素晴らしさを説く。
「3丁目の夕日」的な風景なのだろう(見たことないけど)。
しかし、どうも懐古主義的すぎるし、著者はそうならないように配慮しているつもりであろうが、明らかにバランスを欠いているように思える。
あの時代にはもう戻れないのだから、この時代での小商いをもっと説明してほしい。
そんなことを思ってしまった。

まぁ、それでも平川さんの著書はもっと読みたいと思わせるタイトルであるし、本書ももう一度読もうとは思う。

絶望の国の幸福な若者たち

10 /19 2012

絶望の国の幸福な若者たち絶望の国の幸福な若者たち
(2011/09/06)
古市 憲寿

商品詳細を見る

なんだろう、このモヤモヤした読後感は。
当時26歳の社会学者、古市憲寿による若者論であるが、いかにも若者的低温度な態度で全編が覆われている。
という言い方が、いかにもおっさんくさく、本書の攻撃対象であるのだが。
最近の若いもんはうんぬん…っていう例のアレ。

著者は、日本で戦争が起こればさっさと逃げるというし、そう、さらっと言っちゃう態度が、思考の限界を超えてないというか。
私も現時点では、そりゃ逃げますよ。逃げる宣言しますよ。
でも実際そういう状況になったら分からないし、そこで国という枠組みを逸脱しちゃうと、国は存続できないし。
国民の幸福のために国が存在するのであれば、国の存続は国民の幸せにも関わるしわけだし。
そういった思考を突き詰めるのが学者の役割で、それを求めて読んだのですが、それは得られませんでした。

しかし、いろんなデータや文献を引き合いに出し、クールな分析には非常に納得させられました。
最近の若者がものを買わないだの、海外に行かないだの、そういったおっさんの主張がいかにくだらないかということ。
若者が今の自分を幸せだというのは、未来に希望が持てないからそう答えているだけのこと。
未来に希望の持てない自己否定は、もうそれは自殺しかなくなる。
社会に貢献はしたいが、なかなか場所がなくてムラムラしている。

私も30を越えたおっさんだですが、こういった若者のマインドは痛いほど分かります。
っていうか、私もまさにそんな若者です。
社会貢献はしたいが、ムラムラしてて、震災後のボランティアにすぐ飛びついたし。
政治に対する態度もそうですが、結局、前の世代の失敗を見ているから、そこにコミットする気もないし、だからといって、それに変わる方法論を誰も思いつかない。
だからまずは確実に手の届く範囲だけ良くしていきましょう、と、そういう態度だと思います。
いろんな失敗や、行き過ぎた資本主義、消費社会があったゆえの揺り戻し。
それがいわゆる若者論でよく批判される事象であって、べつに何にも悪くないじゃん、っていう。

ただ、まだ一億総中流社会が続いていて、切実なる貧困が身近にないので、今のままでいいじゃないと肯定してしまいますが、確実に日本は下降線を下ります。
歴史上ないスピードで人口減少を迎えます。
そんなときに、切実な貧困への想像をめぐらすことを学者には求めたいとこですが、もう若者は人に期待はせず、自分で解決する。
そういう態度が徐々に社会に表出しているような気がしてもいます。

街場の現代思想

10 /16 2012

街場の現代思想 (文春文庫)街場の現代思想 (文春文庫)
(2008/04/10)
内田 樹

商品詳細を見る

今年は年間100冊というのを読書目標にしているのですが、遅れ気味です。
冊数にとらわれすぎて、くだらない本を読んでもしょうがないのですが、まぁ、今年ぐらいは何が何でも100冊を達成しようかなと。
そんなわけなので、面白く、そんなに分厚くない本が必要とされるわけです。
ということで、内田樹先生の文庫本「街場の現代思想」をサクッと読了。

内田先生の本は、その倫理的かつ深い知性に感動すら覚えてしまうのですが、今回は、人生相談のような形式をとっているからか、割とクールでドライな肌触りです。
だけど、そういうものなんだなと納得してしまうわけですが。

さて、印象に残った話をいくつか。

私も今、転職したいと思っていますが、「転職すべきかどうか」という相談について、こう述べます。
『知的努力というものは、ワニとアナコンダのどっちがいいかというような不毛な選択において適切な決断を下すためにではなく、「そのような選択にいかにすれば直面しないですむか」に向けて集中されなければならない。』
つまり転職すべきか悩むという時点で、今の勤務先での仕事がうまくいっていないわけで、最低限、まずはその失敗をしっかり反省しないことには、どちらにせようまくいかないと。
ワニとアナコンダ、どっちに食われるのがいいか選んでるような状態やぞと。
ぐぬぬ、胸が痛いです。。

結婚については「デメリットの方が多い」と。
しかし、デメリットが多いことにこそ、メリットがあると。
結婚には、親や親戚、子供というアンコントローラブルで、非常にめんどくさいものが付きまとう。
しかしこのデメリットばかりの結婚を乗り越えることによって、共同体で生活できるという能力の獲得が達成されるのだと。
「俺はそんなめんどくさいのイヤだ。独身でいいから自分の付き合いやすい人だけと気楽にやっていく。」
そう思うなかれ、この「共同体での生活」こそが人間を人間たらしめるものであるのだから、と。

そして、こう警鐘を鳴らす。
『あと数十年後に誰にも弔われずに孤独死する単身者の数は数百万に達するであろう。この「誰にも弔われない死者たち」が21世紀後半の日本社会にどれほどの「祟り」をなすことになるのか。』
内田先生ご自身も、「誰も言わないが」と前置きしておられたが、確かにこんな想像は初めてした。
なんとも恐ろしい光景だろう。。ぐぬぬ。

・・・なんか暗くなってしまいますが、内田先生の本を読むと爽快感があります。
それは内田先生の知性が、東西南北、地底から天空、はたまた時代を超えて、発揮されるからだろうと思います。
知性を身につければ、あらゆる規制や常識、思い込みはやすやすと乗り越えられんじゃないだろうかと。

知らないと恥をかく世界の大問題2

10 /12 2012

知らないと恥をかく世界の大問題2  角川SSC新書 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)
(2011/03/10)
池上 彰

商品詳細を見る

はい、このシリーズ3冊とも読了です。
前回読んだシリーズ1作目は、さすがにタイムリーさに欠けるかなと思っちゃったんですが、この2作目は2011年3月発刊ですが、それを感じさせなかったですね。

今回は自分の無知さを改めて思い知らされました。
北朝鮮がいくらミサイル実験とか核開発するって言っても、実際、北朝鮮も戦争したいわけじゃないだろうし、本気で攻めてくることもないでしょ?ぐらいにしか思ってませんでした。
もし本当に攻めてきても、国連が、国際社会が黙ってるわけはないでしょ?と。
でも、北朝鮮のトップはもはや、軍事的な武勇伝を示すことでしかその座を守れないし、追い込まれれば何をするか分からない。。
国際社会だって、すべては利害関係が絡んでるわけだし、どれだけあてになるか。。

中国との領土問題にしても、「強行姿勢をアピールする政治家は国民の支持が欲しいだけ」という論を信じきっていましたが、決してそれだけではないぞと。
中国は、ベトナムやフィリピンなど、いろんな国と領土争いをしているそうです。
海域についても、2020年までにサイパンあたりの海まで自分のものにしようとしているそうです。
なんと沖縄についてもその領有権を主張する人もいるらしいです。
中国は、13億人もの人民を食わせていかねばならず、農地もエネルギーも必死で獲得しにきているのです。

北朝鮮は戦争するし、中国は侵略してくるし、ロシアも侵略してくるし、日本の得意分野である工業製品では韓国がのしてくるし、パキスタンなど中東の問題もあるし。
世界の事情を知ると、そんな最悪の事態が現実のものになりそうな気がしてきます。

第2次世界大戦を経験し、世界はもう戦争や侵略にはこりごりかとおもっていましたが、それはまさに日本人ならではの平和ボケなのかもしれませんね。。
しかし、ボケるほどの平和を守るため、日本が果たせる役割というものがあるはず。
平和はいつもそこにあるものじゃなくて、我々の手で大事に守っていかなくちゃならないものなのだから。

知らないと恥をかく世界の大問題

10 /03 2012

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
(2009/11)
池上 彰

商品詳細を見る

分かりやすいし読みやすいし、読書冊数かせぐために、読了。。
2009年のものなので、さすがに前回読んだ第3弾よりは、臨場感がないですね。
話題も重複が多いし。
でももちろん良書ですよ。

まぁしかし、こういう本を読むと、つくづく世界は問題だらけだなぁと落ち込みますね。
着実に解決に向かわなきゃいけないのに、政治家は政局争いばかり。
政党といっても、確たる方針があるわけもなし。
もっとこう、大きな方針を示してくれないと選挙にも行く気がなくなります。
ただ、政権交代を繰り返して、ちょっとずつ政治が強くなっていくのかなって気もするし。
まぁ我々の国、日本ですから、我々国民もしっかり勉強して、よい国を作っていきましょう。

知らないと恥をかく世界の大問題3

09 /30 2012

知らないと恥をかく世界の大問題3  角川SSC新書知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書
(2012/05/10)
池上 彰

商品詳細を見る

言わずと知れた池上彰先生、2012年5月出版のシリーズ3作目です。
もう、読みやすく分かりやすい、世界を俯瞰した目線で見せてくれる良書です。
とりあえず読んでおけ、とみんなに薦めたいです。

アラブの春や、日本の隣国の情勢、ポスト資本主義から、原発問題まで。
しかし北朝鮮、建国の父・金日成が、ソ連に都合のいいようにと、スターリンから送り込まれた人物だとは知りませんでした。
名前も伝説の将軍の名前をとったもので、本名はキム・ソンジュというそうです。
なんとも。。

あと、大統領と首相の関係とか。
なんで同じ国に、大統領と首相が2人いんのかなぁと思ってましたが、謎がとけましたw

しかし、世界というのはつくづく金とエネルギー確保が原因で、ごちゃごちゃしてんだなぁと思いました。
資源のない日本はさっさと代替エネルギー開発のトップに踊りでるべく、金を投入してほしいですね。

これからの「正義」の話をしよう

09 /23 2012

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデル

商品詳細を見る

一昔前に流行った本書。
分厚いのでずっと放置してましたが、重い腰をあげてやっと読了しました。

まず読みづらい。
だいぶ時間がかかってしまいました。
内容が難しいのもありますが、翻訳も下手なんじゃないかな。
なかなか素人が気軽に手を出せるものじゃない。

で、その内容ですが、なぜ本書があんなに流行ったのか、理解できません。
読みづらいのもあるが、その内容にも納得できない。

まず、「これからの正義」の話だというのに、なぜ戦時における徴兵制を例にあげるのか。
戦争を肯定しているのか、サンデルは。
世界にあふれる問題をよそに、古くさい例を持ち出し、正義を論ずる。
いずれの例も地に足がついておらず、アメリカ的で、机上の空論的だ。
サンデルよ、ごちゃごちゃ言ってねぇで、足下に落ちてるゴミ拾えよと。
そんなことを言いたくなる。

日本で教育を受けたからなのかはわからないが、私はこう思う。
正義が何かなんて大体分かってる。
そんなことより、それをどう運用するか、ひとつひとつの課題に真摯に立ち向かうこと。
それが大事なことのように思う。


日本の文脈

09 /12 2012

日本の文脈日本の文脈
(2012/01/31)
内田 樹、中沢 新一 他

商品詳細を見る

すっかり内田樹先生のファンなわけで、しゃべるところを生で見てみたいなぁと思う今日この頃です。
さて、今回は中沢新一さんとの対談集です。

話題はあちこちへと派生し、ユダヤの話なんかはついていけませんでしたが、全体的には非常に楽しく、感銘を受け、さらには爽快感もあり。
まさに、「男のおばさんの最強井戸端会議」ってな感じの本です。
「男のおばさん」というのは、まぁおしゃべりでおせっかいなおばさんみたいな男ってことですが、詳しくは本書をお読みください。

テーマは多岐にわたるので、細かい書評は諦めますが、一番印象に残ったのは、「霊的なもの」への態度ということ。
直感だとか、第6感だとか、古いしきたりだとか、礼儀だとか。
それがなぜなのか、言葉でできないものにもちゃんと理由はあり、必要があるということ。

内田先生が能を教わるときに、ついあれこれと論理的に理由を探してしたり、より効率の良い動きを提案したくなるが、そのとき師匠は言うという。
「それが昔からの決まりだから。」

これはつまり、霊的なものに対する無知や不理解から、大事なものを守るひとつのソリューションなのではないかと思いました。
仕事においても、こてんぱんに論破されてるのに、全く納得いかないときなんかは、こういう直感が働いているのではないかと。
だがしかし、「いや、霊的なものが…」とか「私の直感が…」とか言っても、頭おかしいと思われるので、それを持ち出して議論するのは相当な知性が必要ですが。。

うむ、この本は何度読んでも、いろいろ学ぶことがありそうです。

どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?

08 /30 2012

どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?
(2012/06)
内田 樹、高橋 源一郎 他

商品詳細を見る

内田樹さんと高橋源一郎さんの対談本。
3.11の東日本大震災前後の期間にわたる対談が収録されてます。
こういう知性と倫理あふれる大人になりたいもんです。
特に印象に残った話をいくつか。

中国・韓国との領土問題について。
ホットな話題ですね。
この問題に関しては、「そんなに欲しけりゃやるよ」って言えるぐらい、平和的かつ余裕な日本だったらかっこいいよね、っていう甘い考えを持ってたりします。
ここ取られたからって、経済や国防的に致命的なわけじゃないよね?
日本のニュースでも「歴史的に日本の領土だ」と主張してましたが、そんなもん、あっちはあっちで言い分があるわけだから、いっこうに解決に向かわない主張でしかありません。

というふうに、真っ向から領土問題として捉えてたんだけども、実は違う視点があるのだと。
領土問題で騒ぐのは、自国の政治の不手際から目をそらす為であると。
なるほど、たまに思い出したように高まる反日感情には必ずこういう側面があるのかもしれない。
であれば、テキトーに付き合って、騒ぎ合うことが大事なんですねw

そんなことより、原発事故による放射能汚染で自国の領土が奪われたわけなんだから、そっちのほうが一大事であると。
バカみたいに、相手に付き合って、上陸してる場合じゃないぞと。
国土の保全を第一に考えて、旗振りできる政治家がいない。
国の統治に関することなんて、ステークホルダーが多すぎて、みんなの意見は聞いてられないんだから、こういう事態には経済のことはとりあえず置いといて、 国土の保全を最重要視せよと。
自民がダメで、民主にしたけど、やっぱりダメで。
もう、次は大政奉還しかないぞとw

あと、脱原発はアメリカの意向という論もおもしろかったです。
原発技術では、日本が優れていて、アメリカは太刀打ちできないと。
でも、廃炉や代替エネルギー、そして移行期の火力、つまり石油のビジネスは、アメリカに一日の長があるわけなので、菅直人が打ち出した脱原発路線は、実はアメリカの意向であると。
なるほど、裏には必ず、利害関係に因果関係があるわけですね。
しかし、最近はどうも原発再稼動の流れです。
民衆のデモがすごいことになってるので、このまま原発路線に進むとも思いませんが、どうなるか見ものです。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。