TESE

映画
05 /21 2012


チョン・テセ選手のドキュメンタリー映画、その名も『テセ』が上映されるということで、横浜ジャック&ベティまで行ってきました。
しかも、テセ選手本人が登場し、トークショー&サイン会までありました。

こういったスポーツドキュメンタリーを劇場で見るのは初めてかも?なので、すごく興味深く見れました。
特にフロンターレのファンでもないので、そんなにテセ選手のプレイをしっかり見たことはないのですが、そのイメージは力強くて、ゴリゴリとシュートを狙っていく、熱い魂を持ったストライカー。
そんなとこが好きで本作も見てきました。

彼の大きなパーソナリティのひとつである「在日コリアン三世」にも、大きく焦点は当てられます。
その葛藤は想像することしか出来ませんが、なんと彼は、彼の家族の中にもその葛藤があったという。
父親は日本人の学校に入れて、日本人として育てたい。
母親は朝鮮学校に入れて、在日コリアンとして育てたい。

そんな彼には、日本代表・韓国代表を目指す道もあったが、北朝鮮代表を選ぶ。
しかし、北朝鮮でもお客様扱いされ、日本にいてもここは祖国ではない。
俺には故郷がないという。

南アフリカW杯終了後、彼はドイツへと移籍する。
フロンターレサポーターは涙と大きな歓声で彼を送り出す。
彼は言う。ここは俺のホームだと。
北朝鮮代表を選んだことも、こここそが自分の祖国だというアイデンティティを確立するためのように思えた。

なんで自分が在日というマイノリティな境遇に生まれたのかと悩むこともあったっという。
ドイツでは、2部チームから1部チームに移籍を果たしたものの、またもやそのチームが2部に降格してしまった。

「こんな人生もなかなかないんで。楽しんでますよ。踏んづけられても、蹴り飛ばされても、何度でも立ち上がりますよ。」

上映後に語ったそんな言葉が、とても力強く、印象的だった。

スポンサーサイト

マラドーナ

映画
10 /12 2011

マラドーナ [DVD]マラドーナ [DVD]
(2010/06/09)
ディエゴ・アルマンド・マラドーナ エミール・クストリッツァ

商品詳細を見る

神様、マラドーナを追ったドキュメンタリー。
アルゼンチンにおいて、いかにマラドーナの存在が重要かということが分かる。
マラドーナ教なんてのも出てくる。
そして、現役時代にチームを栄光に導いたナポリでの絶叫歓迎ぶりもハンパない。
まさに、神という称号がふさわしい。

しかしそんな神様、マラドーナの人間の部分が映し出されているのが面白い。
コカインに手を出したことを後悔し、娘の成長を見逃したことを後悔し、もっと現役を続けられたと後悔する。

でもやっぱり、彼の発する言葉はいちいち人の心を捉えるね。
そういうとこが、いちサッカー選手という存在を超えていることは確か。
政治的になことを語られると革命家にさえ見えてくる。

ペテン師か、カリスマか。
そんなマラドーナが好きだ。

あと、やっぱりめちゃくちゃうまいw
ワールドカップでのイングランド戦で見せた「神の手」は有名だが、もう一個、知らないハンドゴールが出てくるんだが、それがすごい。

祝!なでしこジャパンW杯優勝!!

日記
07 /19 2011


いやぁ、何度見ても泣ける。
まさか日本がワールドカップで優勝する姿を見れるとは。
本当にありがとう、なでしこジャパン。

あんな10cm以上も身長差があり、フィジカルの差は歴然。
しかも日本の女子サッカーけっしてめぐまれた環境ではなく、仕事しながらプレーをする選手もいるという。
そんな中、国際大会で結果を残さねば、さらに低迷してしまうという覚悟のもと、結果がすべてと語る澤選手。

なでしこジャパンのサッカーは本当に素晴らしかった。
フィジカルの差を跳ね返す、鮮やかなパスワーク。
球際の強さ、チーム全員の献身的な動き。
最後の最後まであきらめない精神力。
そして、MVP&得点王をダブル受賞したなでしこジャンパンの支柱、澤選手。

本当に素晴らしかった。
おめでとう、そしてありがとうなでしこジャパン。
あらゆることを教えてもらいました。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。