ゼロから始める都市型狩猟採集生活

06 /30 2012

ゼロから始める都市型狩猟採集生活ゼロから始める都市型狩猟採集生活
(2010/08/04)
坂口 恭平

商品詳細を見る

いやぁ、おもしろい。
既成概念ぶっ壊されたわぁ。

いわゆる「ホームレス」と言われる人たちに取材し、その生きる術を紹介した本。
しかし、そこに我々が想像したような悲壮感やドロップアウト感はない。
むしろ、あるのは自由。
この搾取構造がなりたってしまう経済社会から開放された自由である。

ぼくはお金を使わずに生きることにした」にも通ずる実験的な経済論。
いずれもゴミとして廃棄されるものが重要な生活の糧となるが、本書ではそれを「都市の幸」と称しているところがおもしろい。
かつて人間が、海の幸、山の幸を自分で狩猟・採集して生きてきたように、時代・社会が変わったのなら、我々の価値観をチューニングして、都市の幸を狩猟・採集して生きてこうではないか。

「かんたんに買ったり捨てたり繰り返しやがって」
「食えもしない量を頼んで、ゴミにするなんて無駄すぎる」
そう嘆いていても何も変わらない。
変わらないなら、自分の価値観と生活から変えていく。

中央集権的な社会を拒絶する、そんな考えが表に出てきたような気がする。

スポンサーサイト

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。