地震と原発と社会。

日記
03 /16 2011
なんか今回の地震を機に、さまざまな社会的問題が噴出している。
個人的にはこれをきっかけに社会との向き合い方・自分の信念を整理していきたい。

■地震活動期に突入
Twitterでも話題の記事がある。
東海地震説の提唱者として知られるという石橋克彦氏が、衆議院予算委員会公聴会で、原発震災を強く警告したという内容。
迫り来る大地震活動期は未曾有の国難である

1週間前なら、「そうなったら大変やなぁ」ぐらいで流してしまうかもしれない文章だが、今となっては大げさでもなんでもない、今まさに直面している危機である。

そして、日本列島は地震静穏期を終え、地震活動期に入ったという。
3.11以前も以後も地震が多発しており、そう思った方が正しそうだ。
国は守ってくれない、守ってくれるが、未曾有の災害に、不備もあり、手が回らないこともある。
個人が国を守る意味でも、個人はいろんな意味で自立せねばなるまい。
電気に頼りすぎない、輸入に頼り過ぎない、過剰なコンビニエンスに頼らない、飽食は止める、企業に頼らない、災害への準備を怠らない。

■原発
東京電力への非難がハンパない。
まぁ、事態の収拾にがんばる職員、要領を得ない会見をする東電幹部陣、それに輪をかけて酷い言葉を投げかける記者たち、と、一つにならねばならないときに、バラバラである。
本当にあの東電会見での記者の態度の酷さは見てられなかった。。

そしてまたもTwitterで見かけた記事。
浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る
安全設計上必要な数値の偽装、それを訴える声の黙殺。
原発は絶対安全と言ってきた国でこんなことが本当に起こってきたのか。

まぁ、いろいろだ。まとまらん考え。仕事に戻る。

スポンサーサイト

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。