その街のこども

映画
02 /21 2012

その街のこども 劇場版 [DVD]その街のこども 劇場版 [DVD]
(2011/06/03)
森山未來、佐藤江梨子 他

商品詳細を見る

阪神・淡路大震災15年特別企画として制作されたNHKドラマの劇場版。
震災を経験した二人の若者の一日を描く。

物語の要素は極めて少なく、ほぼ二人が歩いているだけ。
その分、見ている側にも思考する時間がたっぷり与えられる。
考える材料もたっぷり与えられる。

それは、震災と、二人それぞれの震災体験。
一人は、震災を機にうまく商売で設けた親を持つ男。
一人は、ようやく震災に向き合うために神戸にやってきた女。

震災がなければ、いがみ合うことはもちろん、出会うことさえなかった関係が、“歩く”ことにより、関係を深めていく。

歩いて歩いて、課題に向き合い、乗り越えることで、光に向かって走ることが出来る。

うん、抽象的に書きましたが、佐藤江梨子が亡くなった幼馴染のお父さんに、(向き合うのが怖かったけども)久しぶりに会い、乗り越え、(商店街?の)光に向かって走っていくシーンで、そんなことを感じたわけです。
カタルシスを感じたわけです。

人生、いろんな困難や不条理があるけども、歩いて歩いて、時には壁にぶつかっていかないと、走れなくなるぞ、と。

うん、いい結論だ。
歩いて、ぶつかって、走っていこう。

スポンサーサイト

ノウイング

映画
12 /07 2011

ノウイング [Blu-ray]ノウイング [Blu-ray]
(2010/01/06)
ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー 他

商品詳細を見る

テレビでやってたので見たけど、いやー、つまんなかったー。
絵的な迫力はすごかったけどねー、飛行機の墜落とか、地下鉄の脱線とか、人が死んでいく様がエグく描かれていてすごかった。
最後の、地球がスーパーフレアに飲み込まれていく様もすごかった。

だがしかし、ストーリーが「?」。
コレを見ても、感動もしないし、恐怖もないし、なにも心を動かされない。
「へー。」っていう感じ。

で、こちらの解説が分かりやすいです。
なるほど、でも、俺、無宗教だからか、特に何も感じない。。

災害自体は自然災害だから、まぁ、しょうがないよねって感じだし。
でも確かに、自然災害関係なく、何かがあったときに、選ばれた人間だけが救われるという世の中はいやだ。
いやでも、世の中そんなもんだろ。
その選ばれる基準が宗教だったら最悪だ。

「信じてれば救われる」と思ってる人に、こんな世の中いやだろって提示しても、より信仰心が強まるだけのような気もするし。
もっと宗教観がぐらぐらと揺れるような酷い結果の見せ方をしなきゃいけないんじゃないかな。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。