アメリカ・ワイルド

映画
06 /05 2016


アメリカの国立公園の美しい大自然を捉えた、とても美しい映画
この美しい自然の保全に、多大なる貢献をしたジョン・ミューア。
そして、彼の説得を受け、国立公園プロジェクトをすすめたルーズベルト大統領に拍手。

1時間ほどの短い映画でしたが、もっともっと見ていたかった。
そして、実際に行ってみたい。



スポンサーサイト

猟師の肉は腐らない

05 /25 2016
阿武隈の山奥で、自給自足のような生活をする猟師を訪ねた体験記という体裁のフィクションらしい。
アマゾンレビューでは、その信ぴょう性に批判が向けられているが、まぁ、それを念頭に置きつつ、楽しく読めた。
やはりこういう暮らしには憧れる部分がある。
力強く、人間らしい生き方
ここまでとはいかなくとも、少しずつやるべきことをやっていこう。


リヴァイアサン

映画
11 /29 2014


想田和弘監督がツイッターでお勧めしていたので、鑑賞。
実験的なドキュメンタリー映画である。
もはやドキュメンタリーという分野なのかも分からなくなる。

自分はどうしても、映画にストーリーを求め、起承転結を求め、人生訓を得ようとしてしまうところがある。
そんな俺には正直退屈に思えた部分もあったが、見たこともない映像体験であったことは確かだ。

映し出される映像は、ひとつの巨大な化け物の体内のようだった。
きしむ骨、咆哮、荒れ狂う体液、捕食。。

なんでこんな映像撮ろうと思ったんだろう。
そっちに興味が沸いてきたりもする。

雑木のある庭に暮らす

10 /20 2013

雑木のある庭に暮らす雑木のある庭に暮らす
(2013/08/21)
小澤 典代

商品詳細を見る

ああ、こういうのが好きなんだなぁ。
とは言え、まだ何も手を動かしてなく、見てるだけなんだけど。
でも、見てると、すごく落ち着く。
世間にあふれる押しつけのインプットはいらない。
こういうものだけ見て生きていきたい。
登場する夫妻の幸せそうな笑顔が、なんとも素敵だった。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。