「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣

06 /16 2015
前回読んだときはあまり響いてなかったみたいねw
今回もざっと流し読みしたけど、これぐらいスパッと言ってくれた方が気持ちいいけどね。
医者なのに映画を撮ったという実績も説得力を増してるし。

やりゃあいいんだよ。
今の仕事に不満があるのは、好きな仕事に就く力が自分にないから。好きな仕事に就けるよう自分を磨けばいいのだ。


スポンサーサイト

30代でやるべきこと、やってはいけないこと

05 /30 2015
またも30代シリーズを再読
前回のものよりは普遍的で、真理が書いてあるような気がした。
潜在意識への言及は興味深い。
どんなに嫌なことがあっても、ポジティブに変換して、記憶に落とし込む。
そういう意味でも日記は有用。
キックとオフミーティングもいいが、大事なのはクロージングミーティングだと。


30代を後悔しない50のリスト

05 /26 2015


読む本がなくなったので、本棚から適当にピックアップ。
2011年の12月に一度読んだ本だ。
その時はそれなりに感銘を受け、自分の生活に取り入れようとしたみたいだ。
しかし、何か変わったのだろうか?何も変わってないじゃないか?という焦りしかない。。
確かに、一時期はダイエットにも成功したし、家を買って、財務状況も改善した。しかし肝心の仕事の方は、相変わらず自分のテーマを見つけられずに、というか、何も行動できずにいる。そんな状態で、この本が効果的だったとはやはり言えない。
もちろん悪いのは実践しなかった自分だ。

本書は、著者が諸先輩がたにヒアリングした後悔を、50のリストにまとめたものだ。
体を鍛えればよかった。
もっと海外旅行に行けばよかった。
親の言うことを聞けばよかった。
年収をあげる努力をすればよかった。
などなど。

どれもごもっともだ。
しかし、“後悔”を起点に論じている点が落とし穴でもある。
高橋ヨシキ氏の「行動指針が怖れからきているのは不健康。欲望から来るべきだ」という言葉が頭に浮かぶ。
うむ。欲望ベースで考えないと、自分のなかに入って来ず、習慣化できず、どこかにストレスがあるのだろう。

似て非なるものである。
「〜すればよかった」と後悔したくないから行動する、ではなく、「〜したい」から行動する。
これが大事だ。
やりたいことにフォーカスしよう。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。