データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

01 /25 2017

海猫沢めろん氏の『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』に登場した矢野和男先生による著書を読了。
腕時計型や首から下げる名札型のウェアラブルセンサで、人間の動きややり取りなどのデータを取ったら、いろいろ面白いことが分かってきたというお話。
これは、組織運営してる人ならすぐにでも導入したいだろうなぁ。
人間の頭で改善策など考えてもたかが知れてるが、AIに考えさせたら実際に業績アップしたという。
個人的にも、あとがきに記載されている「ライフシグナルズ」を導入してみたい。

ライフログを取りたい欲求というのは前からあって、その都度調べてみてはいたが、まだまだテクノロジーが追いついてないなという実感があった。
それでも、iPhoneアプリの充実により、日々家計簿をつけたり、体重を測ったり、食べたものを記録したり、ランニングアプリでトラッキングしたりはしていて、細切れのデータは蓄積していた。
しかし、データを記録すること自体が面倒であるし、集めたデータを生かしきれないということも感じていた。

ちなみに、ランニングアプリである「NIKE+」については「いい線いってるな!」と当時思ったものだ。
使用することで、ランニングへのモチベーションアップが如実に実感できたのだ。 アプリデザインがよく、NIKEのかっこいいブランディングも影響したのだろう。
そして、このアプリを使う目的「走って痩せる」にも直結しているというのが良かった。
これは、書第5章内の「ビッグデータで儲けるための3原則」にも記述されている通り、重要なポイントだ。
それは『第1の原則 向上すべき業績(アウトカム)を明確にする』ことである。
しかし、ランニングだけが痩せる要素なわけもなく、結局痩せるという効果は完璧には得られなかったわけだが。。
それはとりもなおさず、『第3の原則 仮説に頼らず、コンピュータに業績向上策をデータから逆推定させる』ことが出来なかったということにも関連するだろう。

いろんなデータを取れる方法は揃ってきた。
しかし、それとどう活かせば、生活を向上させられるだろう。
そんな疑問に答えてくれる研究を進めておられる矢野和男先生。
これからも注目させていただきます。

スポンサーサイト

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学

12 /01 2016
機械の人間化が進み、人間の機械化が進む昨今。
「人間と機械の境界線はどこなのか」という疑問をもった著者による科学ルポ。
7人の科学者へのインタビューが収録されている。

非常に刺激的でおもしろい。
アンドロイドの石黒浩氏、ビッグデータで幸せを定量化する矢野和男氏、科学的アプローチで幸福を学問する前野隆司氏。
この3人は特に印象に残った。
バリバリ最先端の科学者が、それぞれのアプローチで幸福へ迫る様子は非常に興味深い。

「人間が何かをしようと思う前に、すでに無意識に体は動き始めている」という研究結果があるらしい。
つまり、人間はただ周囲環境に反応しているだけで、自由意思などないのではないか?という話も紹介されている。
なんとも衝撃的ではあるが、そう考えると、我々の悩みなどどうでもいい気がしてくる。
さっさと環境を修正して、楽しく生きればいいだけなのだと。



博士と彼女のセオリー

映画
04 /20 2015


ホーキング博士の映画。
日本映画では、絶対こういう作りしないだろうね。

最初のロマンチック極まりない甘い展開。
そこから難病発覚、「それでも結婚します!」宣言。
苦労がありながらも、学者として成功するホーキング博士、、というとこまでは一緒だとしても、現実はそう単純ではないよね。。

かくいう自分も、日本映画的な展開を期待しちゃってるので、最後はなんともモヤモヤした気分に。。
ホーキング博士の天才性を際立たせて、偉人伝的な話にもできただろうし。
ユーモアを際立たせて、また違う映画にもできただろうし。
そんなことを思いながらも、白黒つけられない現実をしっかり見せた映画だからこそ、モヤモヤが印象深い映画だった。

しかし時間を研究するホーキング博士が、まさに時間に追われるように余命2年を宣告され、表現手段を制限されていく様はなんとも皮肉。
だからこそ、最後のスピーチは感動的だった。
「どんな不運に見舞われようとも、人間の可能性は無限です」と。

あとはまぁ、主演のエディ・レッドメイン君の演技には拍手を送らざるを得ない。
動き、表情、息づかい、どれをとっても素晴らしい演技だった。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。