沈黙-サイレンス-

映画
02 /01 2017

私も大好き、巨匠マーティン・スコセッシによる日本小説原作ものということで注目の「沈黙」を鑑賞してきた。
「踏み絵」ぐらいしか知識のなかった隠れキリシタンの物語。

ポルトガルの布教者、日本の隠れキリシタン、政府の三者の関係により物語が進行するわけだが、俺は完全に政府側に共感した。
キリスト教を危険な思想として取り締まる、イッセー尾形、浅野忠信が演じるキャラクターだ。
もちろん、あんな残酷なやり方で棄教させる必要はないと思うけども、しっかりと思想論争をしかけるイッセー尾形の強さたるや。
一方のキリスト教司祭は、信仰への盲目さばかりが際立つ。
その状況において、何も救えない、希望も生み出せない邪教になぜすがり続けるのか、そこに疑問を感じつつも、なぜ積極的行動、思想改変を起こさないのか。
盲目的に信じ、苦悶することそれ自体さえも信仰であるかのような態度。
とても実践的、実用的とは思えない。
しかしそんな状況でも、その司祭を拠り所とする信者がいる。
まったく人間という生き物は興味深い。

本作を見る中で、浮かんだ疑問。
当時の隠れキリシタンは、なぜ邪教であるキリスト教を信じる必要があったのか?
取り締まられ、拷問されるのに、なぜそれにすがる必要があったのか。
元々、マイノリティだったり、迫害された人々だったのだろうか。

ポルトガル人はなぜそうまでして布教する必要があったのか?
人民救済の名目は建前で、やはり植民地づくりの目的があったのではないか。

日本政府はどういう思想的論理で、キリスト教を邪教と結論づけたのか?
劇中で感じたように、仏教を軸とした当時の日本政府の思想的到達点は、キリスト教を凌駕するものだったのだろうか。

そんな疑問を考え、調べたくなった。
こういう知的好奇心をくすぐる映画はとても好きだ。
さて、町山さんの解説を聞こう。

スポンサーサイト

七人の侍

映画
10 /29 2016


午前10時の映画祭で、『七人の侍』を鑑賞。
映画史に残る傑作」との名声も納得の面白さでした。

チャンバラ映画かと思いきや、リアルな戦争映画といった趣き。
剣豪がバシュッと華麗に切り落とす、みたいな描写は一切なく、ドロドロのぐちゃぐちゃの殺し合い。
これが戦国の世の戦争かと身震い。

7人の侍たちは、さすがにキャラが立っており、笑いどころもキッチリ用意されている。
農民をただの弱者として描いていないところも、より一層味わい深さを際立たせる。

さすがの名作でした。
黒澤明監督の作品、もっと見よう。



鬼龍院花子の生涯

音楽
09 /22 2016


春日太一さんが「鬼才 五社英雄の生涯」を出版したということで、見てみました、「鬼龍院花子の生涯」。
監督の名前は知っているけど、そういえば見たことなかったなと。

まず、「夏目雅子が花子じゃないんかーい!」とびっくりしつつ、どういう話なんだろうと最後まで見続けました。
仲代達也の奔放な演技や、夏目雅子の抑圧されつつも芯の通った演技に感情を揺さぶられながらも、「なんか説明不足してない?」という感想。

と思ったら、しっかり下記の動画で解説してくれていました。
ちなみに予習編もあります。
さて、これを知った上で、もう一度見てみよう。


群盗

映画
05 /26 2015


予備知識なしで見た。
韓国ノワールは大好きだが、こういったのは初めて。
ま、端的に言えば、韓国版『タランティーノのジャンゴ』である。

しかし、こういうのはやっぱり、あがる。
冒頭の人物紹介シーンで、「これ最高」とニヤリ。
キャラもいいし、また映画史に残る、悪役ボスの最強ぶり。
これは続編も見たいね。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。