みうらじゅん対談集 正論。

03 /12 2013

みうらじゅん対談集 正論。みうらじゅん対談集 正論。
(2009/02/23)
みうらじゅん

商品詳細を見る

みうらじゅんとその近辺にいる人たちの対談集。
近辺とはいえ、漫画家からタレント、人気ミュージシャンまで、幅広い人選です。

先週月曜から1週間ほどかけて読んでたんですが、なんというか、月曜朝の出勤の電車で読むサブカル本は、なんか落ちました。。
個人的な気分の落ち込みと重なっただけかも知れませんが…。
後半の清水ミチコやスチャダラパー、久本雅美などのメジャーどころになると、なんか明るい気分で楽しめるんですが、杉作J太郎とかなんか…、落ちたわぁ。。

原因はなにかと考えたときに思ったのは、俺は言うても体育会系の人間だということ。
体育会系・文科系と分類される学校社会の中で、自分が美術系であることがある種の生きにくさを作っていたというみうらじゅん。
そして、その生きにくい世界を生きるために、仏教やエロスクラップ、マイブーム、ゆるキャラ、とんまつりなど、いろんなネタを自分の中に仕込んできたのだろうか。
そんな仕込みを続けてきた結果の、サブカルスターとしてのみうらじゅんは、“楽しむ大人”としてある部分でアコガレである。

しかし、非体育会系であるからそうなったという文脈で語られると、「俺はマネできねぇなぁ」なんて思ってしまう。
とはいえ、ゴリゴリの体育会系ともいえないので、俺はどこを目指せばいいんだろうと悩んでしまう。

うむ。
みうらじゅんの好きなとこは、ちょっとひねくれたユーモアで笑い飛ばしてしまうような処世術である。
不安タスティックといって不安を楽しんでみたり。
自然体より不自然体だといってみたり。

メンタルを落ち着けてくれるような、そんなユーモアは取り入れつつも、やっぱり竹を割ったような、スカッとした、太陽エネルギーをサンサンと発する、体育会系の人がいいと。
そう思いました。俺は。

最後に、気に入った言葉を。

便宜的に「キープオンロッケンロール」っていうけど、「ロッケンロール」より「キープオン」のほうがだいじなんだよ、とかそれでしょ。~根本敬

I don't believe me 思考ね。~みうらじゅん

スポンサーサイト

ガラパゴスでいいじゃない

02 /28 2013

ガラパゴスでいいじゃない (人生2割がちょうどいい)ガラパゴスでいいじゃない (人生2割がちょうどいい)
(2010/08/27)
岡 康道、小田嶋 隆 他

商品詳細を見る

『人生2割がちょうどいい』の第2弾、『ガラパゴスでいいじゃない』を読了。
読み終えて思うのは、やっぱり「俺もこんなおもしろエピソード欲しいなぁ」ということ。

やはり、名をなす人というのは、起伏にとんだ人生を送っているよなと。
岡さんは、父親がやっていた会社の倒産で、裕福と貧乏のどちらも味わったというし。
そして、小田嶋さんはじめ、仲間を巻き込み、いろいろ人生を面白くしている。

小田嶋さんは、新卒で入った会社をすぐ辞めるし。
また辞めるに至るまでのエピソードも凡人の自分からしたら信じられない大胆不敵ぶり。
そしてアル中。

とまぁ、隣の芝生は青い的に、うらやましく思ったりするが、本人達はそれは大変だったんだろう。
だけど、岡さんが「貧乏なときのほうが楽しかった」と言っていたのが印象的だった。
確かに、裕福で余裕があると、人生とは何かとか余計なことをあれこれと考えそうな気がする。
逆に貧乏だとそんな余裕はなく、とにかく生きるのに必死にならねばならない。
そこを「これから俺の劇的な人生が始まる」というふうに思える岡さんはやっぱりすごいと思うけども。

憧れがありつつ、このような人たちにはなれないような気がする。
人種が違うような気がする。
だけど、今のままじゃ凡人。

う〜ん、ちょっと頭混乱してきた。


人生2割がちょうどいい

02 /28 2013

人生2割がちょうどいい人生2割がちょうどいい
(2009/05/14)
岡 康道、小田嶋 隆 他

商品詳細を見る

クリエイティブディレクター岡康道とコラムニスト小田嶋隆の対談集。
高校の同級生ということもあり、いや、その道のトップランナー2人だからか、そのやりとりは絶妙で、過去のエピソードも面白く、一気に読んでしまった。
数年後読んだらまた違うことを感じるであろう、一家に一冊置いておきたい、そんな本だ。

俺もこんな本の中で披露できるエピソードトーク欲しいなぁ。
あぁ、読んでから数日たつと、ろくな感想が思い浮かばない。
本当に馬鹿だなぁ。

あ。
岡さんの、人生を面白くするための『仕掛けていく姿勢』。
これは常に持っていたいね。
なめきったぐらいの気持ちで仕掛けていく。
所詮2割の勝率しか目指してないんだからね。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。