街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか

07 /19 2014

街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)
(2014/05/01)
内田樹、小田嶋隆 他

商品詳細を見る

内田樹先生による呼びかけに応じた豪華執筆陣による、憂国論。
その著書を読んだ事がない人もいたが、是非読んでみたくなる執筆陣が並んでいた。

小学校でもっとも重要とされたのは、読み書きではなく、一定の時間、たとえば、五十分間、着席していることだった。それは、農業国であったこの国を工業国とするため、そのために働く人間を作り出すため、農民を工員のマインドに変えるためであったのだ。〜高橋源一郎


といったように、我々は生まれたときから既に為政者に都合の良いよう仕込まれていたのかも。
そしてその流れはアベちゃんにより、より悪い方向へと進んでいきそうだ。

国家の株式会社化により、公共・福祉よりも利潤が追求され、不採算部門は切り捨てられていく。
格差は広がり、超富裕層だけがその犠牲の上に資産を築いていく。
事実、すでに日本の貧困率は、先進国30カ国中4位だという。

あぁ、目の前が暗くなっていく。
しかし、アベちゃんの憲法を軽んじ、民主主義を無視したような動きも、あくまで閣議決定段階だ。
大きな事を案じてもしょうがないが、次の選挙で我々の態度を見せようではないか。
あと、自分の生活をちゃんと見つめていこ。

スポンサーサイト

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。