仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

06 /30 2016
「悟り」とは何か。
非常に惹かれるタイトルのが、タマフルで紹介されていた

「悟りの境地」が確かに存在するとは言うけども、現代日には「悟りました」と宣言する仏教徒は存在しない。
悟りに至るにはどうすればよいのか、悟るとどうなるのか、何か明確な変化がおこるのか。
そんな疑問に明確に答えられることはない。
書はそんな、根的でまっとうな疑問に挑んでいる。

ちょっとは仏教に興味がある程度の自分では、なかなかに読むのが困難であったが、懇切丁寧に章立てされ、結論に向かう書は、決して素人を突き放すものではない。
とはいえ、もちろん書を読んだだけで「悟り」に到達できるはずもなく、文章化できないという領域まで登場する。
やはり実践しかないということである。
(本書では、その実践として、ヴィパッサナー瞑想というものが、度々言及される)

さて、実践なしに悟りはないということだが、分からないなりにも自分の中で消化したものを以下に忘備録として記録しておく。間違っているかもしれないが。

仏教といえば、「この世は全て幻。あらゆる煩悩を捨てよ。さすれば苦しみは消える」というイメージであるが、それは同時に生きることの否定にならないか?と常々思っていた。
しかし、それはあくまで出家信者への教えであるようだ。(悟ったひとが在家信者へ教えを説くにあたっては、ある程度のフリーハンドが与えられているという)
労働を否定し、渇愛を否定し、あらゆく欲を否定する。
しかも、理論で理解するだけではダメで、ありのままに物事を見ることができるようになり、自然とそのような認識ができるような領域に達しないといけない。
つまり、それが必要だと分かるだけではだめで、その状態に自然とあることが大事だと。
ふむ、ここまで書いてわからなくなってきた。
もう一回読もう。


スポンサーサイト

一日一生

10 /31 2013

一日一生 (朝日新書)一日一生 (朝日新書)
(2008/10/10)
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉

商品詳細を見る

BSスカーパーのBAZOOKA!!!「仏教渋くないすかナイト」で小藪が言ってたので読んでみた。
約7年かけて約4万キロを歩くなどの荒行「千日回峰行」を2回も成し遂げた、生き仏とも称されるお坊さんの本だ(今年の9月に亡くなっているけれど)。

肩肘の貼らないコラムのようなスタイルで、茶飲み話を聞いているようだ。
一日が一生、と思って生きる。
確かにそう思えば、辛いことがあってもそこで落ち込まず、次に向かっていけそうだ。

しかし、こういうブログを書いているということは、ある程度意識的に日常を送ることであって、それは長期的な自分の成長を促していることだと思っている。
長期的な成長と、一日を一生と思うこと。
なんか矛盾しているようでしっくり来ない、自分の中で。

まぁ、目の前のことに集中することは大事である。
そこに一日一生という意識を持ち込むと、もうそれは命を燃やさねば、この世の役に立たねばと思うわけで。

「一日一生」という言葉のみならず、本書には荒行を乗り越えたお坊さんの示唆にとんだ言葉がちりばめられている。
やっぱ仏教渋い。



ボクは坊さん。

12 /06 2012

ボクは坊さん。ボクは坊さん。
(2010/01/28)
白川密成

商品詳細を見る

読むだけで非常に穏やかな気持ちになれる本でした。
お寺の息子として生まれ、祖父の死に伴い、24歳のときに住職を引き継いだ白川密成さんのエッセイ集、のようなもの。

“宗教”というものに一定の怪しさをイメージする人も少なくないと思います(実際、怪しい宗教もあるし)。
しかし、複雑な時代に生きる我々に、仏教がよりよきヒントとして寄り添えるのではないか。
そんな密成さんの気持ちに深い同意を覚えます。
我々はどうすればもっと幸せに生きていけるか。
そんなことをもっとじっくり時間をかけて考えてもいいのではないか。
そう思わせてくれます。幸せにどん欲に。

この本を読むでいると、なんかそこだけ時間がゆったりと流れているような気になります。
それは、密成さんが生と死について、人生について、仏教について、じっくりと考えるリズムがこちらにも伝わってくるかのようです。
私はこのリズムが好きです。

私は正直、自分の名前が好きではないです。
まぁ、響きとか、語感とか、大した理由じゃないんですけどね、なんとなくです。
しかし、名前に『智』という文字が入っていて、それが仏教において重要な教えを意味するというのを知って、ここに来て、目を見開かされたというか。
ちょっとうれしくなっております。
以下、抜粋。
------
慈悲と智慧。この二つはすこぶる大切です。慈悲とはあらゆる人、命を抱えたすべての存在に愛しく親しい感情をもち、行動すること。智慧とは、この世界の本当の姿を知るための認識の力です。そこから“もっといい方法があるんじゃないだろうか”と、いつも考えるんです、あなたの生き方を含めて。
慈悲と智慧をいつも思うのであれば、あなたは仏教徒としてスタートすることができるでしょう。
------

私が日々悩んでいるようなことも、これで良かったのだと思わせてくれます。
悩んで、この世界の本当の姿を認識して、そのとおり進めば、きっといい方向にいけると。
名前に負けず、智慧を持って歩こう。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。